カレー

カレーのグルメ記事一覧ページです。人気グルメ情報誌の覆面調査で発見したカレーのお店を紹介しております。


カレーのグルメ記事一覧

南北の「インド料理」を食べ比べ!現地で仕入れた本場スパイスを銀座で味わう

南北の「インド料理」を食べ比べ!現地で仕入れた本場スパイスを銀座で味わう

『Tamarind』は南出身のマダン モハンさん、北出身のクマルさん、ふたりの料理長が自慢の腕を競うインド料理店。スパイスは現地で仕入れ、本場の味わいが楽しめる。


祐天寺でカレーを食べるなら「ナイアガラ」のカツカレー

祐天寺でカレーを食べるなら「ナイアガラ」のカツカレー

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。ミニミニ電車が料理を運んでくることでも有名な店。


江戸川橋でカレーを食べるなら「キッチンヨッチ」のメンチカツカレー

江戸川橋でカレーを食べるなら「キッチンヨッチ」のメンチカツカレー

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。カレーがメインの洋食店。


広尾でカレーを食べるなら「広尾のカレー」の国産牛テールカレー

広尾でカレーを食べるなら「広尾のカレー」の国産牛テールカレー

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。


トリコカレー(カレー/中野)|鶏スープをかけて食べるカツカレー

トリコカレー(カレー/中野)|鶏スープをかけて食べるカツカレー

中野エリアのカレー屋「トリコカレー」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。濃厚なルーに熱々の鶏スープをかけて好みの濃度にするのが、こちらのスタイル。


新宿の老舗「モンスナック」のカツカレー(カレー/新宿)

新宿の老舗「モンスナック」のカツカレー(カレー/新宿)

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。紀伊國屋の地下にある老舗。


祖師ケ谷大蔵でカレーを食べるなら「カレーの南海」のチキンカツカレー

祖師ケ谷大蔵でカレーを食べるなら「カレーの南海」のチキンカツカレー

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。神保町「キッチン南海」の職人だったシェフが独立し、カレーがメインの店を開店。


新宿にあった「カフェハイチ」、昭和を代表する名作カレーが中野で復活

新宿にあった「カフェハイチ」、昭和を代表する名作カレーが中野で復活

中野エリアのカレー屋「カフェハイチ」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。南の海を思わせる青い皿の上に、こげ茶色のドライカレーがのった丸いライスが無人島のようにぽかりと佇んでいる。このフォトジェニックな光景が「懐かしい」となる人はきっと多い。|café HAITI(カフェ・ハイチ)/カレー/中野


[プネウマカレー]高田馬場にカレーの名作がまたひとつ誕生した。

[プネウマカレー]高田馬場にカレーの名作がまたひとつ誕生した。

プネウマカレー(カレー/高田馬場)|店主の長谷さんは趣味のカレー歴が約20年。かなり攻めたカレーを完成させていたが、店を開く直前に大きな転機がやって来た。


カレーと魯肉飯よくばりに2つを合いがけで「ろかプレート」|魯珈(カレー/大久保)

カレーと魯肉飯よくばりに2つを合いがけで「ろかプレート」|魯珈(カレー/大久保)

「SPICY CURRY 魯珈 (ろか)」(カレー/大久保)|「ロカ」という不思議な響きの店名は、台湾の魯肉飯とカレーに由来する。幼い頃からカレー好きという店主の齋藤さん。


名店の味を受け継いだ職人技が冴えるもう一つのデリー|新川デリー(カレー/茅場町)

名店の味を受け継いだ職人技が冴えるもう一つのデリー|新川デリー(カレー/茅場町)

新川デリー(カレー/茅場町)|この店の「カシミール」の妙はバランス。上野デリーの激辛に慣れた口にはマイルドに感じるかもしれないが、味のベースを決める玉ネギの炒め具合、スパイスの配合やブイヨンに至るまで、すべてに丹念な仕事が施されている。


水道橋の「桃の実」姉妹店、渾身のカレーは「チキンカレー」

水道橋の「桃の実」姉妹店、渾身のカレーは「チキンカレー」

カレー&オリエンタルバル 桃の実 水道橋店(カレー/水道橋)|「いつか自分らしいカレーが作りたい」。そんな思いを抱えて店主の加来さんはインドにも修業に行った。


カレー好きの間で話題の的。人気店出身のインド人兄弟シェフが大塚に店を開いた。

カレー好きの間で話題の的。人気店出身のインド人兄弟シェフが大塚に店を開いた。

やっぱりインディア(カレー/大塚)|『シバカリーワラ』と『ダバ・インディア』。この2つの人気店でそれぞれ腕を振るったインド人シェフ二人が店を開いた。


下北沢に大阪を代表するスパイスカレーの人気店「旧ヤム邸」がやって来た。

下北沢に大阪を代表するスパイスカレーの人気店「旧ヤム邸」がやって来た。

旧ヤム邸 シモキタ荘(スパイスカレー/下北沢)|大阪では市民権を得ている“スパイスカレー”をご存じだろうか? インドでも和風でもないフリースタイルで、スパイスたっぷりだが刺激的と言うよりはむしろ淡く優しい味わい。


恵比寿「GOOD LUCK CURRY」のカレーは人気ビストロが繰り出したリーサルウェポン

恵比寿「GOOD LUCK CURRY」のカレーは人気ビストロが繰り出したリーサルウェポン

「GOOD LUCK CURRY(グッドラックカリー)」(カレー/恵比寿)|エーゲ海のような青い皿にのった美形のカレーは、見た目だけでなく育ちもいい。実は代官山の魚介ビストロ『アタ』が手掛けているのだ。


伝説のカレー店“GHEE”は千駄ヶ谷で復活を遂げる。

伝説のカレー店“GHEE”は千駄ヶ谷で復活を遂げる。

「Blakes (ブレイクス)」(カレー/千駄ヶ谷)|かつて神宮前にあった『GHEE(ギー)』は伝説である。そのカレーに影響を受けた店も少なくない。そしてついにこのカレーは千駄ヶ谷で復活を遂げる。


ビストロ喜楽亭のカレーはじっくりと手間をかけたブイヨンが生み出す!(カレー/三宿)

ビストロ喜楽亭のカレーはじっくりと手間をかけたブイヨンが生み出す!(カレー/三宿)

 三宿「ビストロ喜楽亭(きらくてい)」のカレーの決め手は何と言ってもブイヨンだ。牛骨と香味野菜で3日間かけて煮込まれ、カレー粉と合わせてさらにひと晩寝かされる。


スパイシーにしてほんのりビターがクセになる「スマトラカレー」|共栄堂(カレー/神保町)

スパイシーにしてほんのりビターがクセになる「スマトラカレー」|共栄堂(カレー/神保町)

 スプーンを口に近づけてパクリとやったときの鼻腔に抜けるスパイス感、と同時にルウの中には心地いい甘み、そして余韻にほんのりビターな大人な感じ。これがまたなんとも言えずクセになる。


[ウミネコカレー] カレーのグルメ記事と写真(幡ヶ谷/カレー)

[ウミネコカレー] カレーのグルメ記事と写真(幡ヶ谷/カレー)

幡ヶ谷にある喫茶店のような静かな佇まいの『ウミネコカレー』。店主の古里さんはミュージシャンでもあり料理人でもある。[交通アクセス]は幡ヶ谷駅南口から徒歩1分


町田で昭和62年から続くカツカレーの名店|アサノ(カレー/町田)

町田で昭和62年から続くカツカレーの名店|アサノ(カレー/町田)

 昭和62年から続くカツカレーの名店だ。ご主人が先代とともに研究したカレーにはホテルの味、東南アジア仕込みのスパイス、和のテイストも加わって、さらさらしながら深い味わい。


ランキング


>>総合人気ランキング