とんかつ・牛かつ

とんかつ・牛かつのグルメ記事一覧ページです。人気グルメ情報誌の覆面調査で発見したとんかつ・牛かつのお店を紹介しております。


とんかつ・牛かつのグルメ記事一覧

勢いよくハミ出したサクサクしっとりロースカツを四ツ谷で堪能!

勢いよくハミ出したサクサクしっとりロースカツを四ツ谷で堪能!

卵の布団から勢いよくハミ出したロースカツ! 荒木町で60年続くとんかつ屋『とんかつ鈴新』の“かけカツ丼”だ。


名古屋『㐂らくや』のとんかつは柔らかさとしっかりとした旨みに驚愕!

名古屋『㐂らくや』のとんかつは柔らかさとしっかりとした旨みに驚愕!

ホテル内の日本料理店などで修業した店主の浅野将典さんが昨年1月に開店させた。「熟成ひれかつ定食」(1700円)は、低温熟成させた愛知県産の銘柄豚、あいぽーくを使用。


名古屋の老舗洋食店で名物“焼きとんかつ”

名古屋の老舗洋食店で名物“焼きとんかつ”

昭和24年創業の老舗洋食店『とんかつオゼキ 本店』。油で揚げず、約3cmの分厚い鉄板でカリッと焼き上げた“焼きとんかつ”が名物だ。


肉の旨みとコクのある味噌ダレが絶品!名古屋『名代とんかつ 八千代 味清』

肉の旨みとコクのある味噌ダレが絶品!名古屋『名代とんかつ 八千代 味清』

大正、昭和とその名を馳せた『ステーキハウス 八千代』で修業した先代が昭和37年に名古屋市中村区に開店。現在は二代目店主の高杉満さんが腕を振るう。[住所]愛知県名古屋市中村区稲葉地本通2-9-1 [TEL]052-412-0568


両国でとんかつ“厚切極上ロース”の迫力はどうだ!

両国でとんかつ“厚切極上ロース”の迫力はどうだ!

両国のとんかつ店「とんかつ はせ川」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真ページ。2~3㎝はあろうかという厚切極上ロース(220g)の迫力はどうだ!もちろん厚みだけではない。[住所]東京都墨田区両国3-24-1 両国尾崎ビル103号 [TEL]03-5625-2929


久が原『自然坊』のとんかつはサクッと軽い食感!日本酒を合わせて一杯!

久が原『自然坊』のとんかつはサクッと軽い食感!日本酒を合わせて一杯!

久が原のとんかつ店「自然坊」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真ページ。唐津焼の力強い刷毛目の皿の上にのったとんかつの風情がいい。気取りはないが、丁寧な仕事がなされているのがよくわかる。[住所]東京都大田区久が原4-19-24 [TEL]03-5700-5330


ワインと絶妙に合うとんかつは絶品!春日でぜひハマるべし!

ワインと絶妙に合うとんかつは絶品!春日でぜひハマるべし!

『洋食・ワイン フリッツ』の店名の『フリッツ』はフランス語の揚げ物フリットの複数形。その名の通りサクッと揚がった揚げ物が絶品な洋食屋さんにして、夜の黒板メニューにはフレンチベースのお惣菜も加わりワインと楽しめる。[住所]東京都文京区小石川2-25-16[TEL]03-3830-0235


飯田橋「本家 あげづき」のとんかつは肉の旨みが溶け出すうまさ!

飯田橋「本家 あげづき」のとんかつは肉の旨みが溶け出すうまさ!

数ある豚肉から選んでいるのは「旨み抜群。脂身の融点が低く、とろける食感で、甘みが一段深い」という「南の島豚」。この旨さを引き出すために、まずは低温でじっくり、仕上げに高温で二度揚げする。


白金高輪で高級銘柄「プラチナポーク」!『白金 大五』

白金高輪で高級銘柄「プラチナポーク」!『白金 大五』

白金高輪のとんかつ店「白金 大五」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。淡く軽やかな金色の衣と、ほんのりピンクに色づいたヒレ肉。見ているだけで、滴るような旨みが伝わってくる。[住所]東京都港区白金1-25-21 [TEL]03-3444-2941


衣が旨い!肉が旨い!創業47年の名物カツ-千駄木『とんかつ みづま』

衣が旨い!肉が旨い!創業47年の名物カツ-千駄木『とんかつ みづま』

千駄木のとんかつ店「とんかつ みづま」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ザクリと音がするほど存在感ある衣が特徴的。揚げる前の姿を見てもらえば分かるが、食パンを豪快に手でちぎった自家製パン粉はもはやゴツゴツ(笑)![住所]東京都文京区千駄木3-44-1 [TEL]03-3827-9774


豊洲『とんかつ八千代』の名物アジフライは、サクサクふんわり至福の食感!

豊洲『とんかつ八千代』の名物アジフライは、サクサクふんわり至福の食感!

豊洲『とんかつ八千代』の名物のアジフライに関するグルメ取材記事と写真。アジフライは厚みがあって大きいだけでなく、身がふわふわ。「脂ののった新鮮な魚のおかげだよ」というが、サクサクの軽やかな揚げ方も秀逸で、ぺろりと食べられる。[住所]東京都江東区豊洲6-6-1 豊洲市場7街区 管理施設棟3F


『かつれつ四谷たけだ』のカキフライ、自家製タルタルソースが旨みを引き立てる

『かつれつ四谷たけだ』のカキフライ、自家製タルタルソースが旨みを引き立てる

四谷「かつれつ四谷たけだ」のカキフライに関するグルメ取材記事と写真。シーズン前半は三重県・鳥羽産、年末頃から岩手県・大船渡産に切り替える。より旨みがあり、大粒な牡蠣を揃えるためだ。[住所]東京都新宿区四谷1-4-2 峯村ビル1階 [TEL]03-3357-6004


300g超の絶品ロースに感動-東新宿『とんかつ やまくら』

300g超の絶品ロースに感動-東新宿『とんかつ やまくら』

東新宿のとんかつ店「とんかつ やまくら」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。上ロースかつに使うリブロースの重量は300g以上!厚さも2cm以上はあろうかという見た目に反して、口当たりは歯に吸い付くほどやわらか。[住所]東京都新宿区新宿7-11-3 [TEL]03-3208-3277


トンカツ定食に自慢のアジフライもサービス!溜池山王『とんかつ うえはら』

トンカツ定食に自慢のアジフライもサービス!溜池山王『とんかつ うえはら』

溜池山王のとんかつ店「とんかつ うえはら」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつ うえはら」は店を開いて35年。溜池山王界隈の再開発とはうらはらに、雰囲気も値段も昭和テイストたっぷり。[住所]東京都港区赤坂1-9-13


天使の海老で有名な大森海岸『お座敷洋食 入舟』のポークカツが絶品の極み!

天使の海老で有名な大森海岸『お座敷洋食 入舟』のポークカツが絶品の極み!

大森海岸の洋食店「お座敷洋食 入舟」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。4代目が考えた、頭から尻尾まで食べられる「天使の海老」のエビフライが有名だが、実はポークカツも絶品だとご存じだろうか。[住所]東京都品川区南大井3-18-5


椎名町のハイレベルとんかつ『おさむ』は喜んで行列に並んでしまう名店だ!

椎名町のハイレベルとんかつ『おさむ』は喜んで行列に並んでしまう名店だ!

椎名町のとんかつ店「おさむ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。営業は昼だけ、場所は駅から離れた住宅街、そのうえ店前にはずらーっと行列が……。だがそんな苦労も、サックサクの衣からほとばしる肉汁に流される。[住所]東京都豊島区南長崎1-3-11


職人技「三度付け・ふわっカリッ衣」のとんかつに魅了される!駒込『とんき』

職人技「三度付け・ふわっカリッ衣」のとんかつに魅了される!駒込『とんき』

駒込のトンカツ店「とんき」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。暖簾をくぐると、油染みひとつない店内に白木のカウンター。細やかなもてなし。[住所]東京都北区中里2-4-5


サクッ、ジュワッのとんかつをキレのある麦酒で流し込む!『巣鴨ときわ食堂』

サクッ、ジュワッのとんかつをキレのある麦酒で流し込む!『巣鴨ときわ食堂』

巣鴨の食堂「巣鴨ときわ食堂」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。巣鴨地蔵通りにて40年以上、「食事は楽しみ。美味しいものを毎日朝昼晩、手頃な価格で」(齊藤徳之代表)という思いが詰まった“食堂”だ。[住所]東京都豊島区巣鴨3-14-20


目黒の行列店の大ボリューム串かつ!もう、普通の串かつには戻れなくなりそう……

目黒の行列店の大ボリューム串かつ!もう、普通の串かつには戻れなくなりそう……

目黒の行列トンカツ店「とんかつ大宝」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。見よ、このボリュームを、この美しい断面を! とんかつ激戦区・目黒を代表する行列店の『とんかつ大宝』。[住所]東京都目黒区目黒1-6-15


稲荷町『気賀亭』のメンチとコロッケ!食材の持ち味を引き出すの老舗の技!

稲荷町『気賀亭』のメンチとコロッケ!食材の持ち味を引き出すの老舗の技!

稲荷町のトンカツ店「気賀亭(きがてい)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。大正7年(1918)創業で、今年で100年。こちらを訪れる人の多くが注文するメンコロのメンチとコロッケも、作り方は当時から変わらない。[住所]東京都台東区松が谷1-4-5


ランキング


>>総合人気ランキング