飯田橋グルメ

人気グルメ情報誌の覆面調査で発見した、周辺に有名な「東京ドーム」、「小石川後楽園」、「飯田橋ラムラ」などがある飯田橋エリアの本当に旨い店、厳選のおすすめランチ、ディナー情報です。飯田橋の洋食、ダイニングバー、カフェなどから飯田橋のランチ情報まで、とっておきのおすすめグルメ情報のページです。掲載店舗は飯田橋のキッチン アオキ、飯田橋の33kitchen、飯田橋のマリスケリア エル プルポなど。


飯田橋グルメのグルメ記事一覧

カツサンドが好き!ワインが好き!そんなあなたにピッタリな店!

カツサンドが好き!ワインが好き!そんなあなたにピッタリな店!

飯田橋『メリメロ』|ビストロでカツサンド?この意外な組み合わせに挑戦するのは、オーソドックスなビストロ料理からアレンジの利いたフレンチまでオールラウンドにこなす宗像シェフ。


芊品香 別館(四川料理/飯田橋)-餃子のグルメ記事と写真

芊品香 別館(四川料理/飯田橋)-餃子のグルメ記事と写真

飯田橋の四川料理店「芊品香 別館」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。餃子は皮を極限まで薄くするなど、試行錯誤を重ねて現在の味にたどり着いた、店主渾身の餃子。三元豚の挽肉をオイスターソースや胡椒などの調味料で旨みを引き出し、ジューシーに仕上げた餡が絶品だ。[住所]東京都千代田区富士見1-7-6


[餃子の店 おけ以] タンメンのグルメ記事と写真(飯田橋/餃子)

[餃子の店 おけ以] タンメンのグルメ記事と写真(飯田橋/餃子)

[餃子の店 おけ以]は神保町で創業、今の地へ移り、延べ63年。「毎日食べられる味を」と生み出されたタンメンはニンニクを使わないスッキリした味わいながら、スープの旨みや野菜の美味しさが生きている。[交通アクセス]はJR中央・総武線飯田橋駅西口から徒歩3分


メリメロ|にんにくとのコンビもまたなんとも最高(バー/飯田橋)

メリメロ|にんにくとのコンビもまたなんとも最高(バー/飯田橋)

男爵や北あかり、ほくほく系の食感のものを中心に、時季によって北海道から長崎まで、自然栽培のじゃがいもをピックアップ。フランス仕込みの大きめのざくっとした切り方、弱火の低温で水分を飛ばし、強火でカリッと揚げられたポテトは、熱々のほくほく。


和庵(日本料理/飯田橋)|丁寧な仕事ぶりに感動!メディア初登場! 私の隠れ家

和庵(日本料理/飯田橋)|丁寧な仕事ぶりに感動!メディア初登場! 私の隠れ家

私が一番教えたくなかった隠れ家が、ここ『和庵』。2015年の夏に開店して以来、メディア初登場である。


客足が途絶えることのない香港式喫茶店|贊記茶餐廳(中華料理/飯田橋)

客足が途絶えることのない香港式喫茶店|贊記茶餐廳(中華料理/飯田橋)

今日のランチは飯田橋駅のココ!路地裏にありながらも、客足が途絶えることのない香港式喫茶店。※ランチタイム有


なかや寿司(寿司/飯田橋)|いいものを美味しく安く 老舗を守る3代目の心意気

なかや寿司(寿司/飯田橋)|いいものを美味しく安く 老舗を守る3代目の心意気

 飯田橋に店を構えて81年。気取らず旨い寿司が味わえる雰囲気はそのままに、3代目が継いでさらに評判を高めている店がこちら。 ※ランチタイム有


魚卵House エニ(シーフード/飯田橋)|魚卵にエビ、カニをワインで楽しむ贅沢な夜

魚卵House エニ(シーフード/飯田橋)|魚卵にエビ、カニをワインで楽しむ贅沢な夜

「エニ」という名前は、エビとカニの専門店であることを指す。というわけで、イクラ、タラコ、カラスミ、カズノコ……様々な魚卵を使った創作料理の他、エビ・カニその他の魚介類メニューが選び放題。※ランチタイム有


ル・ジャングレ|最高の状態のワインをこだわり抜いた料理と共に(ワインバー/飯田橋)

ル・ジャングレ|最高の状態のワインをこだわり抜いた料理と共に(ワインバー/飯田橋)

自然派ワインが流行りの昨今、代表の有沢さんが最も心掛けていること―それは種類の豊富さでも希少な銘柄の品揃えでもない、徹底した品質管理だ。そのために温度と湿度の細かい調整や、劣化の原因となる紫外線を99.9%カットできるガラスなど特殊な設備の大型ワインセラーを導入。※ランチタイム有


Coffe&snack カウベル|これぞ喫茶店の正統派ナポリタン(カフェ/飯田橋)

Coffe&snack カウベル|これぞ喫茶店の正統派ナポリタン(カフェ/飯田橋)

麺は中太。具材にはロースハム、玉ねぎ、ピーマン、マッシュルームを使い、ケチャップでしっかり炒めた「ナポリタン」は、「これぞ喫茶店の正統派」という旨さ。[交]飯田橋駅から徒歩3分 ※ランチタイム有


飯田橋 グルメ|人気グルメ雑誌編集部が飯田橋を食べ歩いて見つけたおすすめディナー

飯田橋 グルメ|人気グルメ雑誌編集部が飯田橋を食べ歩いて見つけたおすすめディナー

人気グルメ情報誌「おとなの週末」の覆面調査で発見した、飯田橋エリアの本当に旨い呑める店、厳選のおすすめディナー情報など、とっておきのおすすめグルメ情報のページです。


カリ〜アンドスパイスバル咖喱人|インド料理を愛する店主が作った夢のスパイスバル(バル/飯田橋)

カリ〜アンドスパイスバル咖喱人|インド料理を愛する店主が作った夢のスパイスバル(バル/飯田橋)

2015年にオープンしたばかりだが、カレー好きにはすでに名を知られているのがこちら。インド料理にはまって、ついに前職を辞めて店を出してしまったという安川さんが料理人兼店主。※ランチタイムあり


リ スカンピ(イタリアン/飯田橋)|ヴェネツィア風に仕立てた赤座エビを召し上がれ

リ スカンピ(イタリアン/飯田橋)|ヴェネツィア風に仕立てた赤座エビを召し上がれ

イタリア北東部に位置するヴェネト州で食べられるエビ、スカンピ=赤座エビを店名にかかげたのが、ここ『リ スカンピ』だ。現地でも高級食材とされている赤座エビだが、こちらではお手軽価格で食べられる。リ スカンピ[アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分


キッチン アオキ|ご飯が進む、なめらかハンバーグ(洋食/飯田橋)

キッチン アオキ|ご飯が進む、なめらかハンバーグ(洋食/飯田橋)

創業は1968年。フライ類やカレーが人気の洋食店。だが、ハンバーグもファンの多いひと品。なめらかかつ、ほどよい食感が残るように手ごねされたタネをふっくらと焼き上げる。そこに自家製デミグラスをたっぷり。[交]飯田橋駅から徒歩2分 ※ランチタイム有


33kitchen|大切に育まれた広島食材をとことん味わう(居酒屋/飯田橋)

33kitchen|大切に育まれた広島食材をとことん味わう(居酒屋/飯田橋)

“ミーサン”とは3つの太陽を表し、生産者と消費者、そして両者をつなぐ飲食店を示している。店主の河野さんは、食材はもちろん、調味料に至るまで、自身の出身地である広島県産を使う。33kitchen(ミーサン・キッチン)[交]地下鉄東西線ほか飯田橋駅C1出口から徒歩8分 ※ランチタイム有


マリスケリア エル プルポ|渡り蟹の旨みを凝縮したスペイン流入魂のひと皿(スペインバル/飯田橋)

マリスケリア エル プルポ|渡り蟹の旨みを凝縮したスペイン流入魂のひと皿(スペインバル/飯田橋)

「三ツ星カニ料理 洋食編」特集掲載店、飯田橋の「マリスケリア エル プルポ」は旬の食材を積極的に取り入れた、魚介がウリのスペインバル。[交]飯田橋駅西口から徒歩6分。


神楽坂 鮨 りん(寿司/飯田橋)|絶品ばらちらしのグルメ記事と写真

神楽坂 鮨 りん(寿司/飯田橋)|絶品ばらちらしのグルメ記事と写真

「神楽坂 鮨 りん」の「ばらちらし」はランチでしか食べられない「絶品ばらちらし」。シャリは、新潟県南魚沼産コシヒカリに赤酢と白酢をバランスよく合わせたもの。マグロやイクラをはじめ、タコ、イワシ、貝類など15種類の具がのり、華やかで美しい。[交]地下鉄南北線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分


[閉店]鳥焼 金太郎(焼き鳥/飯田橋)

[閉店]鳥焼 金太郎(焼き鳥/飯田橋)

厳選した全国の地鶏&銘柄鶏から日替わりで提供。目を引くのは調理場をぐるりと取り囲むように配置された大きなカウンター席。さながら中央の焼き台はどの席からも焼き手の作業が見える舞台のよう。そこで土佐備長炭の香ばしい煙に包まれて焼かれているのが、全国各地から厳選した地鶏と銘柄鶏の焼き鳥だ。


ランキング


>>総合人気ランキング