MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

池袋グルメ

池袋グルメのグルメ記事一覧

表示順:
池袋駅西口の焼肉激戦区をグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめ店をご紹介!別名を燻され街道で肉三昧の日々!撮影/西㟢進也、大西尚明(柳) 取材/菜々山いく子
更新: 2019-03-14 12:53:45
 稲庭うどんといえば、かつて藩主に献上された一級品。その極めつきを味わえるのが、秋田に本社を構える製麺会社直営のこの店だ。
更新: 2018-11-11 12:00:00
池袋のトンカツ店「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「小さな養豚農家さんが一生懸命育てている本当に旨い肉をブランド化して応援したいんです」とは社長の言葉。肉卸の直営店だからこそ、プロが認める上質な肉を安く提供できるという訳で、群馬県産「嬉嬉豚」を使った肉厚ロースが何と850円!
更新: 2018-10-22 12:00:00
池袋「神の羊」はジンギスカン専門店。臭みがなく力強いコクと風味のジンギスカンが堪能できる!使用するのは、冷凍ではなくチルドで輸入された豪州産の上質なラム肉。[住所]東京都豊島区池袋2-58-11[TEL]090-8560-0925
更新: 2018-11-03 09:10:52
カルビやホルモン類など、焼き物充実系の韓国料理店。写真のデジカルビは、スパイスの香り高い特製ダレにひと晩漬け込んで熟成させた豚肩ロースを、炭火で炙って食す。
更新: 2018-10-16 18:00:00
路地裏の名店とは、まさにこの店のこと。『ホルモン焼 柳』は超新鮮な国産ホルモンをウリに、20年間営業を続けてきた。
更新: 2018-10-14 18:00:00
名産地・熊本で親しまれる、馬肉を使った焼肉を味わえる都内では珍しい専門店だ。主に使用するのは創業200年以上の歴史を誇る「千興ファーム」で肥育された馬肉で、鮮度と質は折り紙付き。
更新: 2018-10-13 18:00:00
1978年に朝霞で開業し、池袋に進出したのは5年ほど前。今では焼肉激戦区のこの界隈でも指折りの人気店へと成長した。[味道苑 住所]東京都豊島区池袋2-35-1
更新: 2018-11-10 21:24:57
映像居酒屋 ロボ基地(居酒屋/池袋)|基地の入ったビルのエレベーターを降りると、アニメでよく見かける司令部につながるような重厚なドア。ドアまでの通路には、店内で映像が楽しめる18作品のアニメの名場面や設定画が飾られ、それだけでテンションが上がる。この時点でアニメファンとしては大満足かも。
更新: 2018-09-17 18:00:00
おとなの週末