神楽坂グルメ

人気グルメ情報誌の覆面調査で発見した、周辺に有名な「毘沙門天善国寺」、「赤城神社」、「若宮八幡」などがある神楽坂エリアの本当に旨い店、厳選のおすすめランチ、ディナー情報です。神楽坂のイタリアン、焼肉、洋食、寿司、麺類、ピザなどから神楽坂のランチ情報まで、とっておきのおすすめグルメ情報のページです。掲載店舗は神楽坂のリ スカンピ、神楽坂の和牛贅沢重専門店 神楽坂翔山亭、神楽坂の神楽坂 鮨 りんなど。


神楽坂グルメのグルメ記事一覧

まるでムースのごとき食感の“ふわとろ”そばがき|東白庵 かりべ(そば/神楽坂)

まるでムースのごとき食感の“ふわとろ”そばがき|東白庵 かりべ(そば/神楽坂)

東白庵 かりべ(そば/神楽坂)|熱湯を加え一気に高速で掻くそばがきは、空気を含んで驚くほどふんわり。まるで赤ちゃんのほっぺたのように柔らかく、口の中でとろりとほどける独特のテクスチャー。


週末の神楽坂ランチはフレンチ・イタリアンが狙い目。

週末の神楽坂ランチはフレンチ・イタリアンが狙い目。

和食のイメージが強い神楽坂だが、週末の昼はフレンチ・イタリアンが狙い目。がっつり派もしっとり派も納得の2店舗を紹介します。


神楽坂でコスパ最高イタリアン! 魅惑の土日祝限定ランチ|PIATTI CASTELLINA(イタリアン/神楽坂)

神楽坂でコスパ最高イタリアン! 魅惑の土日祝限定ランチ|PIATTI CASTELLINA(イタリアン/神楽坂)

神楽坂の「PIATTI CASTELLINA(ピアッティ カステリーナ)」は夜は8皿で5000円のおまかせコース1本で勝負する人気店。ここで味わえる土日祝日限定ランチもかなりの高コスパだ。


パリから日本初上陸したビストロで“肉”を堪能|Sacrée Fleur(ビストロ/神楽坂)

パリから日本初上陸したビストロで“肉”を堪能|Sacrée Fleur(ビストロ/神楽坂)

Sacree Fleur (サクレ フルール)は2017年4月21日にパリから日本初上陸。肉を全面に打ち出した骨太ビストロ料理が食べられる。


神楽坂の路地裏にある「きん助」の薬膳カレーでほどよい刺激で心も体も健康に(カレー/神楽坂)

神楽坂の路地裏にある「きん助」の薬膳カレーでほどよい刺激で心も体も健康に(カレー/神楽坂)

 神楽坂の路地裏にあり、鮮魚を中心に旬の食材を生で、焼いて、揚げてと、様々に楽しませてくれる店。〆に人気のカレーは、中医学理論をもとに黄ぎや鹿角など6種の漢方が加えられた薬膳カレーだ。


「回鍋肉」が炒飯に迫る勢いで人気のメニューに!|龍朋(中華料理/神楽坂)

「回鍋肉」が炒飯に迫る勢いで人気のメニューに!|龍朋(中華料理/神楽坂)

 大きな具がゴロッと入った迫力の炒飯の旨さで有名なこの店。炒飯に迫る勢いで人気のメニューがこの「回鍋肉」だ。


【イタリアン/神楽坂/ズーガンズー 神楽坂店】予想を裏切る?上品な味わいで肉の滋味を感じる串

【イタリアン/神楽坂/ズーガンズー 神楽坂店】予想を裏切る?上品な味わいで肉の滋味を感じる串

 鶏のようにあっさりとした味わいのワニ肉と、鹿のように味に深みがあるカンガルー肉。スパイスは控え目で肉そのものの味を楽しめる。


京都の名喫茶「マドラグ」の東京神楽坂進出店。|LA MADRAGUE(サンドイッチ/神楽坂)

京都の名喫茶「マドラグ」の東京神楽坂進出店。|LA MADRAGUE(サンドイッチ/神楽坂)

京都の名喫茶「マドラグ」の東京進出店。オーナーがスタッフに直接指導したため、本店と同じ製法・味わいのサンドイッチを楽しめる。


1300円あれば焼きや丼で神戸牛をがっつり食べられる!|新泉(焼肉/神楽坂)

1300円あれば焼きや丼で神戸牛をがっつり食べられる!|新泉(焼肉/神楽坂)

銘柄牛のトップブランド・神戸牛を一頭買いし、ランチでもA5ランクのみを提供……と聞けば懐具合が心配になるが、「焼き肉御膳」の値段を見ると驚きの1296円! 細やかなサシが入ったカルビやロースは、見るからに美しい逸品だ。


「ティーラウンジ」ではアフタヌーンティーセットがおすすめ!(ホテル/神楽坂)

「ティーラウンジ」ではアフタヌーンティーセットがおすすめ!(ホテル/神楽坂)

 ティーラウンジではアフタヌーンティーセット(平日14時~、土・日・祝12時~)がおすすめ。ローストビーフのオープンサンドからマカロンやムースといったスイーツまで充実の内容で、紅茶など好きなドリンクと共に味わいながら優雅な気分を楽しめる。


新春にふさわしい!五感で楽しめるフレンチ|フレンチラ・コリンヌ(ホテル/神楽坂)

新春にふさわしい!五感で楽しめるフレンチ|フレンチラ・コリンヌ(ホテル/神楽坂)

 フランスや都内の名店で経験を積んだシェフの料理は見るからにアートなひと皿。伝統的なフレンチの技法を基本にしつつ、「五感で楽しみ、記憶に残る味を」という独自の世界観があふれている。


ピアノの生演奏も楽しめるバー「オントレ・アー」(バー/神楽坂)

ピアノの生演奏も楽しめるバー「オントレ・アー」(バー/神楽坂)

Entree A(オントレ・アー)のオリジナルカクテル「アグネスジントニック」は、クリーミーな泡が絶妙な口当たりで、ビールに代わる最初の一杯として人気だ。ほかにもズブロッカがベースの色鮮やかな「やよい」、モヒートに青りんご風味を加えた「あすみ」など遊び心が楽しい。


石挽き手打 蕎楽亭|ぽってりミルキーな白子の天ぷらと洗練のかけそば(そば/神楽坂)

石挽き手打 蕎楽亭|ぽってりミルキーな白子の天ぷらと洗練のかけそば(そば/神楽坂)

 ここでは、天ぷら蕎麦は天ぷらが別添えで登場する。季節の天ぷらが人気の『蕎楽亭』らしい粋な計らいだ。


手打ちそば 神楽坂 大川や|艶やかに光る見た目も美しい端正な極細打ち(そば/神楽坂)

手打ちそば 神楽坂 大川や|艶やかに光る見た目も美しい端正な極細打ち(そば/神楽坂)

 市ヶ谷の名店『大川や』の店主・大川英児さんが、自らの想いを込めた蕎麦屋を神楽坂に誕生させた。従来の店は信頼の厚い弟子に任せ、新店で大事にしたのは「すべてに自分の手仕事が入ること」。


バー・フィンガル(バー/神楽坂)|会話の中にウイスキーが香る豊かなひと時を

バー・フィンガル(バー/神楽坂)|会話の中にウイスキーが香る豊かなひと時を

「ウイスキーの魅力は味のバラエティの豊かさにある」とオーナーバーテンダーの谷嶋さん。「蒸溜所詰めのほかに、ボトラーズ・ブランドもある。少量生産なのでボトルごとに味わいが変わるのも面白いですね。今まで定番品しかなかったアイリッシュウイスキーも、最近は限定品やボトラーズ・ブランドが出て評判が上がっています」と教えてくれた。


天婦羅 あら井|老舗の天ぷらをカジュアルにいただく新店が登場(天ぷら/神楽坂)

天婦羅 あら井|老舗の天ぷらをカジュアルにいただく新店が登場(天ぷら/神楽坂)

花街・神楽坂でお座敷天ぷらとして長年親しまれてきた『天孝』。初代は美食家に愛された神田猿楽町『天政』出身。※ランチタイム有


魚串さくらさく |旨さ溢れる魚串とワインに悶絶必至!(魚介/神楽坂)

魚串さくらさく |旨さ溢れる魚串とワインに悶絶必至!(魚介/神楽坂)

串ものといえば、まずは肉を連想するが、ここは看板のとおり魚介類をひと口サイズで楽ませる店。築地で仕入れた新鮮な魚介を、店でひと串一串、丁寧に打って提供している。


ラムダック東京の「ポテサラ」|これぞ肉ビストロの心意気ド迫力ベーコンに圧倒!(ビストロ/神楽坂)

ラムダック東京の「ポテサラ」|これぞ肉ビストロの心意気ド迫力ベーコンに圧倒!(ビストロ/神楽坂)

炭火で焼きあげる約30センチの厚切りベーコンは、肉ビストロならではの迫力のポテトサラダ。マッシュしたメークイーンには、自家燻製の半熟玉子が混ぜ込んである。


マドラグ|京都の老舗洋食店『コロナ』の店主から受け継いだ“伝説の玉子サンド”(喫茶店/神楽坂)

マドラグ|京都の老舗洋食店『コロナ』の店主から受け継いだ“伝説の玉子サンド”(喫茶店/神楽坂)

新潮社の倉庫をリノベーションした複合施設「la kagu」が、2014年の開業以来、初のリニューアルオープンを2016年8月20日に行った。新設のガジェット(デジタルグッズ)やアイウェアコーナーと並んで開店したのが、京都の喫茶店『マドラグ』。※ランチタイム有


季彩や ひで|宇和島の海や大地豊かな食材で味わう和の醍醐味(郷土料理/神楽坂)

季彩や ひで|宇和島の海や大地豊かな食材で味わう和の醍醐味(郷土料理/神楽坂)

愛媛、そして宇和島の海や大地、それが透けて見えそうな新鮮で活きのいい和食が味わえるのがこちら『季彩や ひで』だ。店主の大西英樹さんが「知り合いの繋がりだけで仕入れる」という食材が生きている。まずはお造り。


ランキング


>>総合人気ランキング