MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

神奈川県

神奈川県のグルメ記事一覧

表示順:
旨さの秘密は第一に皮にある。無論、餡の配合や全体の調和も大事にするのは言うまでもないが、大前提で皮が旨くないと全てがおじゃん。
更新: 2019-08-07 12:00:00
明治から受け継がれる店の伝統は、とにかく質のいいうなぎを使うこと。上物をいかにたくさん継ぎ足しのタレにくぐらせるか。
更新: 2019-07-27 12:00:00
 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。
更新: 2019-07-22 12:00:00
「チャレンジ精神を忘れずにいいと思えばやってみることが大事」と店主の飯野さん。50年続く店の2代目として、変化を恐れず味を進化させてきた。
更新: 2019-07-12 11:40:26
神奈川でブランドうなぎ「坂東太郎」を食べたいアナタは急いでココに予約するべし。極厚のそれはお重の蓋をも跳ねのけそうな迫力だとおわかり?
更新: 2019-07-08 13:30:39
飲んべえの街・野毛で長年居酒屋を営んだご主人が鞍替えして始めたバー。アンティークと縁起物のオブジェに囲まれた落ち着きのある店内で、キンキンに冷えたシャリキンホッピーが店主のお手製で楽しめる。
更新: 2019-06-03 11:58:51
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-05-21 11:28:57
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
更新: 2019-05-21 11:07:13
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-05-21 13:46:07
 “バーの街”吉田町を、大きな窓から見下ろすようにたたずむこの店のテーマは「バー未経験の女性がひとりで安心して来られる店」。それもそのはず、オーナーは女性バーテンダー!ならではの洗練された空間だ。
更新: 2019-05-21 13:43:18
1 2 3 4 最後
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt