MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

神奈川県

神奈川県のグルメ記事一覧

表示順:
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-03-25 12:00:00
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
更新: 2019-03-24 18:00:00
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00
 “バーの街”吉田町を、大きな窓から見下ろすようにたたずむこの店のテーマは「バー未経験の女性がひとりで安心して来られる店」。それもそのはず、オーナーは女性バーテンダー!ならではの洗練された空間だ。
更新: 2019-03-21 18:00:00
 昼夜で名称こそ異なるが、このコースが昼夜共に1620円という衝撃価格!メインは週替わりで、ポークのコルドン・ブルーや肉汁あふれるハンバーグなど、フレンチの技法を駆使した実直な仕事が伺える料理が登場する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
 トスカーナ地方で4年半修業していたシェフによる豪快さと巧緻さを伴う料理に、舌だけでなく心もグッと掴まれてしまった。 特注の炭焼き台で丁寧に焼かれた「フィレ肉の炭火焼き」は柔らかで肉汁があふれ、放牧牛ならではの滋味を感じる力強い味わい。
更新: 2019-03-17 18:00:00
 看板商品の「アマトリチャーナ」は、イタリアで7年間修業したシェフが現地の素材を使い、作り方を守り、徹底して本場の味を再現。ディナーで使うプカティーニは、天日干しされた希少なもの。
更新: 2019-03-16 12:00:00
 店内はカウンター、座敷合わせて約40席あるが、晴れた日であれば立ち飲みがおすすめだ。立ち飲みメニューは、牛、豚、鶏、羊と揃う肉類と魚介類の焼き物、飲み物ともに一部を除きすべて300円とリーズナブル。
更新: 2019-03-15 18:00:00
 地元・神奈川県産の食材をふんだんに使った洋食を提供。看板商品のナポリタンなど懐かしさを感じる味や雰囲気を残しながらも、素材にこだわるなど時代に合わせた料理がいただける。
更新: 2019-03-14 12:00:00
1 2 3 4 最後
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt