MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

茅場町グルメ

茅場町グルメのグルメ記事一覧

表示順:
にっぽんの洋食 新川 津々井(洋食/茅場町)|昭和25年創業の老舗らしい本格洋食店。佇まいはほどよい緊張感だが、その期待をまったく裏切らない。
更新: 2018-12-27 12:00:00
新川デリー(カレー/茅場町)|この店の「カシミール」の妙はバランス。上野デリーの激辛に慣れた口にはマイルドに感じるかもしれないが、味のベースを決める玉ネギの炒め具合、スパイスの配合やブイヨンに至るまで、すべてに丹念な仕事が施されている。
更新: 2018-05-07 15:06:44
 洋食ひと筋42年のベテラン店主が営むこぢんまりとした店。合挽き肉で作るハンバーグは、オーソドックスながらもソテーしたタマネギの甘みを活かした優しい味わいだ。※ランチタイム有
更新: 2017-09-23 10:41:51
“本日のおすすめ”だった「ハムカツ」をトッピング。他にも廉価なトッピングあり。[交]東京メトロ日比谷線茅場町駅7番口から徒歩1分 ※ランチタイムあり
更新: 2017-12-20 15:48:00
ジビエ好きのみならず、少し苦手な人もこの店の味を試せばその食べやすさに驚くかもしれない。と言うのも国産のキジ、鹿、猪、ウサギなど冷凍ものを一切使用しない品質の良さはもちろん、それらをフレンチ出身のシェフがあらゆる調理法で提供してくれるから。[交]地下鉄日比谷線茅場町駅2番出口から徒歩3分
更新: 2017-12-20 15:48:08
「カリーシュダ」は2011年を皮切りに、本誌に3回ほど掲載している。カレーを作るオヤジさんは、IT会社のお偉いサンから転身したという異色の経歴の持ち主で、自己流で勉強し、妻にナイショでこの店を開いた。[交]茅場町駅3番出口から徒歩6分 ※ランチタイム有
更新: 2017-07-24 00:00:43
鳥徳 (とりとく)は明治時代後期に茅場町で創業。割り下で味わう名物「鳥鍋」などの鳥料理を中心に、代々受け継ぐ老舗の味を今に伝えている。50年来の常連も多く、老いも若きも楽し気に集う古き良き名店だ。[交]地下鉄日比谷線ほか茅場町駅2番出口から徒歩1分
更新: 2017-12-24 13:42:46
1階は気軽なカウンター席、2階はちゃぶ台の座敷と古民家の情趣が感じられる。注目すべきは全国から厳選した約50種類の純米酒が全てグラス(90㎖)450円から楽しめること。[交]地下鉄日比谷線茅場町駅2番出口から徒歩3分
更新: 2017-12-20 15:48:08
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt