MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

茅場町グルメ

茅場町グルメのグルメ記事一覧

表示順:
夜は息子のイタリアン『MAGARI DE CICCIO』、昼は父親が営む日本料理店とふたつの顔を持つ。昼の定食は4種。
黄金色の美しい液体にソフトな泡。呑むと、グビグビ……プハーッ! ああ、なんて美味しい生ビール!! と感動しきりのビヤホールがこちら。
こだわりの炭火焼鳥の店でランチのみ味わえるのが勝浦タンタンメン。透き通った赤いスープは見るからに辛そうだが、豚の旨みや野菜の甘みが凝縮して爽快な辛旨味!
1923年に創業し、現在は四代目の兄弟が営業。取り扱う酒は多岐にわたるが、メインは日本酒。
147年続く老舗ハンコ屋がオープンさせたワインバー。女性ひとりでも入りやすい雰囲気ながら、日本やフランスのワインが200種以上揃うなど、かなり本格的。
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
モダンな店構えのイタリアンバルが、昼は名物の長崎ちゃんぽんをはじめ、皿うどん、カレーちゃんぽん、極旨辛の炎のちゃんぽんまで、6種類のちゃんぽんを提供。豚骨、アサリ、野菜を5時間以上煮込んだ白濁スープはマイルドでクリーミーな味わい。
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
にっぽんの洋食 新川 津々井(洋食/茅場町)|昭和25年創業の老舗らしい本格洋食店。佇まいはほどよい緊張感だが、その期待をまったく裏切らない。
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt