MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

刺身に関するグルメ記事

表示順:
新元号が「令和」に決まり、新しい時代が始まる。 名古屋市瑞穂区にある『ひつまぶし う家 八事本店』では、天皇陛下の御即位を奉祝する特別な献立を用意したという。その名も、御即位奉祝徳会席「令和」。値段は7020円とやや値が張るものの、こんな機会は滅多にない。今回はその全貌を明らかにしようと思う。
川むら(そば/谷中)|日暮里駅から谷中ぎんざへの道中にあるのが、明治創業の同店だ。ここの蕎麦の味を知れば素通りはまず不可能。
サバ水揚げ量日本一を誇る千葉県銚子市。そのなかでも、最も脂がのった秋に水揚げされる、700グラム以上の大型サバが「銚子極上さば」。 漁獲量全体のたった1パーセントという貴重なサバがとことん楽しめる「第9回 銚子極上さば料理祭」が開催中……!
蔵出し和酒と江戸前天ぷら 甲州街道 賽(旧店名:武蔵野 はせがわ)|うどん好きならば、この店名にピンと来るだろう。大泉学園にある武蔵野うどんの名店『長谷川』から暖簾分けし、2016年にオープンした。
 割烹で修業した店主が開いた居酒屋で、伊勢うどんは30年前の開店当初からある人気メニュー。ランチでは小鉢やドリンクなどが付いた定食スタイルで楽しめる。
 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。
巣鴨の食堂「巣鴨ときわ食堂」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。巣鴨地蔵通りにて40年以上、「食事は楽しみ。美味しいものを毎日朝昼晩、手頃な価格で」(齊藤徳之代表)という思いが詰まった“食堂”だ。[住所]東京都豊島区巣鴨3-14-20
生搾りのレモン果汁が入った「生レモン割」(486円)のジャンボサイズが「ジャンレモ」。片手で持つのがやっとのボリューミーな一杯は1ℓサイズだが、軽やかな酸味でグイグイ飲める。
グルメライターが[恵比寿それがし]を実食レポート。何て麗しいレモンサワーだろう。酸味の爽快さも、心地よい甘みも、果実のフレッシュ感もあり、カクテルのようにバランスいい1杯だ。『恵比寿それがし』の旨さの秘密は自家製レモンシロップ。[住所]東京都渋谷区恵比寿西2-3-11
山陰海鮮 炉端かば 丸の内店(居酒屋/東京駅)見よ、この豪華な刺身盛りが、丸の内で1200円! 鳥取や島根の郷土料理がとことん味わえるこちらの居酒屋。
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt