MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

飯田橋駅に関するグルメ記事

表示順:
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
更新: 2019-06-26 13:28:48
飯田橋『メリメロ』|ビストロでカツサンド?この意外な組み合わせに挑戦するのは、オーソドックスなビストロ料理からアレンジの利いたフレンチまでオールラウンドにこなす宗像シェフ。
更新: 2018-12-17 12:00:00
数ある豚肉から選んでいるのは「旨み抜群。脂身の融点が低く、とろける食感で、甘みが一段深い」という「南の島豚」。この旨さを引き出すために、まずは低温でじっくり、仕上げに高温で二度揚げする。
更新: 2018-11-01 10:37:51
思わず食べたくなる「おすすめのランチ情報」を、写真付きでまとめました!ひとりで平日の仕事の合間に訪れたり、お休みの土曜日に友人や家族と訪れたり。ランキング常連の人気店も含め、絶対に外せないイチオシの4店をご紹介します!
更新: 2019-05-27 10:27:24
Sacree Fleur (サクレ フルール)は2017年4月21日にパリから日本初上陸。肉を全面に打ち出した骨太ビストロ料理が食べられる。
更新: 2019-06-25 15:01:17
神楽坂の路地裏にあり、鮮魚を中心に旬の食材を生で、焼いて、揚げてと、様々に楽しませてくれる店。〆に人気のカレーは、中医学理論をもとに黄ぎや鹿角など6種の漢方が加えられた薬膳カレーだ。
更新: 2019-01-30 15:40:12
飯田橋の四川料理店「芊品香 別館」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。餃子は皮を極限まで薄くするなど、試行錯誤を重ねて現在の味にたどり着いた、店主渾身の餃子。三元豚の挽肉をオイスターソースや胡椒などの調味料で旨みを引き出し、ジューシーに仕上げた餡が絶品だ。[住所]東京都千代田区富士見1-7-6
更新: 2019-06-17 12:03:33
[餃子の店 おけ以]は神保町で創業、今の地へ移り、延べ63年。「毎日食べられる味を」と生み出されたタンメンはニンニクを使わないスッキリした味わいながら、スープの旨みや野菜の美味しさが生きている。[交通アクセス]はJR中央・総武線飯田橋駅西口から徒歩3分
更新: 2018-09-11 17:21:58
男爵や北あかり、ほくほく系の食感のものを中心に、時季によって北海道から長崎まで、自然栽培のじゃがいもをピックアップ。フランス仕込みの大きめのざくっとした切り方、弱火の低温で水分を飛ばし、強火でカリッと揚げられたポテトは、熱々のほくほく。
更新: 2018-02-05 18:00:00
私が一番教えたくなかった隠れ家が、ここ『和庵』。2015年の夏に開店して以来、メディア初登場である。
更新: 2018-02-18 10:22:37
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt