池袋駅に関するグルメ記事


すずめや(どら焼き/池袋)|生地はふんわり豆の自然な甘さを感じる正統派

すずめや(どら焼き/池袋)|生地はふんわり豆の自然な甘さを感じる正統派

北海道産小豆を使用した餡は、粒をしっかり残しながらも柔らかく、小豆の自然な風味を引き出している。生地は厚めでふんわり、しっとり。 ※ランチタイム有


たい焼きの看板とラーメンの暖簾を掲げる人気店|名代たい焼 福よし(たい焼き/池袋)

たい焼きの看板とラーメンの暖簾を掲げる人気店|名代たい焼 福よし(たい焼き/池袋)

池袋にある福よしのたい焼きのご紹介!たい焼きの看板とラーメンの暖簾を掲げる人気店。皮はお腹と背中がやや厚め。皮はふっくら厚め、餡はしっかり甘め※ランチタイム有


サンダーバードの「ポテサラ」|鶏料理専門店ならではの燻製チキンが決め手(居酒屋/池袋)

サンダーバードの「ポテサラ」|鶏料理専門店ならではの燻製チキンが決め手(居酒屋/池袋)

ちょこんと控えめな風貌ながら、口に入れると、自家燻製した鶏むね肉の旨みがじんわりするポテトサラダ。ジャガイモには滑らかさを出す生クリーム、そして隠し味に自家製の広島産レモンジャムを使う。


回転寿し トリトン|津軽海峡を越えずとも今ここにある北海道!(寿司/池袋)

回転寿し トリトン|津軽海峡を越えずとも今ここにある北海道!(寿司/池袋)

 北海道観光をする内地の人間の多くが、その店に行くのを楽しみにしているとまで言われている北海道回転寿司の雄『トリトン』。だが都内でもまったく同じ味が楽しめてしまうのだから、これぞ駅前留学ならぬ、美味なる都内北海道旅行といっても過言ではない。 ※ランチタイム有


アガリコの「ポテサラ」(ビストロ/池袋)|黄身とラー油をよ~く混ぜて召し上がれ

アガリコの「ポテサラ」(ビストロ/池袋)|黄身とラー油をよ~く混ぜて召し上がれ

アガリコの「ポテサラ」は黄身とラー油をよ~く混ぜて召し上がれ!お店はJR池袋駅西口より徒歩5分


要町駅でいま食べておきたい!唸るラーメン「麺処 篠はら」の「醤油そば」

要町駅でいま食べておきたい!唸るラーメン「麺処 篠はら」の「醤油そば」

東十条の人気店『麺処 ほん田』の一番弟子が独立!コンセプトは、「あっさりなのに、食べ応えのあるラーメン」。[交]地下鉄有楽町線要町駅5番出口から徒歩4分 ※ランチタイム有


KOU (コウ)|腕利きの料理人が作るつまみがウマい(居酒屋/池袋)

KOU (コウ)|腕利きの料理人が作るつまみがウマい(居酒屋/池袋)

 駅から離れた住宅街にひっそりと佇むカウンター7席のみの小さな店。アトランタの日本総領事館でも腕をふるった経験を持つ、腕利きの料理人、店主・三村さんが作るのは、見た目も味も洗練された正統派の和食。


万事快調(ビアバー/池袋)|造り手の想いを伝えるクラフトビール&日本酒

万事快調(ビアバー/池袋)|造り手の想いを伝えるクラフトビール&日本酒

 カウンターの奥に並ぶのは10個のタップ。飲み口軽快なものから重厚感あふれるものまで、国内を中心とした醸造所で作られたクラフトビールを楽しめる。 ※ランチタイム有


UOK|2号店も池袋にオープン(割烹料理/池袋)

UOK|2号店も池袋にオープン(割烹料理/池袋)

KOUの2号店としてオープンした。こちらもカウンターのみのこぢんまりとした店で、本店に勝るとも劣らない上質なつまみでもてなしてくれる。 ※ランチタイム有


カフェコムサ|ご褒美の名にふさわしい花束のパフェ(カフェ/池袋)

カフェコムサ|ご褒美の名にふさわしい花束のパフェ(カフェ/池袋)

運ばれて来た瞬間、その美しさに誰もが歓声を上げるマンゴーローズブーケのパフェ。「お客さまに花束をお届けしたい」という、女性パティシエならではの感性が存分に発揮された一品だ。※ランチタイム有


池袋 グルメPart 2|人気グルメ雑誌編集部が池袋を食べ歩いて見つけたおすすめ店

池袋 グルメPart 2|人気グルメ雑誌編集部が池袋を食べ歩いて見つけたおすすめ店

人気グルメ情報誌「おとなの週末」の覆面調査で発見した、池袋エリアの本当に旨い店、厳選のおすすめランチ、ディナー情報など、とっておきのおすすめグルメ情報のページです。


池袋 グルメPart 1|人気グルメ雑誌編集部が池袋を食べ歩いて見つけたおすすめ店

池袋 グルメPart 1|人気グルメ雑誌編集部が池袋を食べ歩いて見つけたおすすめ店

人気グルメ情報誌「おとなの週末」の覆面調査で発見した、池袋エリアの本当に旨い店、厳選のおすすめランチ、ディナー情報など、とっておきのおすすめグルメ情報のページです。


ピラブカウ│辛みとコクのバランスが絶妙でスプーンが止まらない(カレー/池袋)

ピラブカウ│辛みとコクのバランスが絶妙でスプーンが止まらない(カレー/池袋)

タイ国商務省が、本場のタイ料理を味わえる店として認定した“タイ・セレクト” の実力店。専用窯でじっくり焼き上げる名物の「タイ風アヒル焼き」(1280円)をはじめ、本格料理が豊富に揃う。※ランチタイムあり


「楊 別館」の担々麵は強烈な痺れと濃厚なゴマが香るソウルフード(担々麺/池袋)

「楊 別館」の担々麵は強烈な痺れと濃厚なゴマが香るソウルフード(担々麺/池袋)

まだ日本で汁なし担々麺を食べられる店がなかった22年前、十条に開店した「中国家庭料理 楊」1号店で常連客に出したのが発端。野球で例えるなら剛球投手。球質はかなり重いが、花椒痺れ系を愛好し、本格派汁なし担々麺を欲する人は「これ、これ!」と喜ぶこと間違いなしだ。 ※ランチタイムあり


カレーうどん ひかりAND楽酒|大人の隠れ家で食す和とエスニックの融合「大人のカレーうどん」(うどん/池袋)

カレーうどん ひかりAND楽酒|大人の隠れ家で食す和とエスニックの融合「大人のカレーうどん」(うどん/池袋)

「カレーうどん ひかり」はビルの入り口から長いアプローチを抜けた先にある、築60年の民家を改装した店内はまさに隠れ家の佇まい。店主の今田さんが独学で編み出したのは、18種類のスパイスが鮮烈に香る「大人のカレーうどん」。※ランチタイム有


ホテルのランチブッフェ、「大満足」はココ!東京・横浜厳選5店(ブッフェ/東京・横浜)

ホテルのランチブッフェ、「大満足」はココ!東京・横浜厳選5店(ブッフェ/東京・横浜)

味とコスパで徹底調査!心地よさ、満足感、お得感。それらすべてを叶えてくれるのが、ホテルのランチブッフェです。腹ペコにして出かけましょう! エリア:浅草/新橋/みなとみらい/銀座/池袋 ※ランチタイム有り


シュリンプ・バンク(シーフード/池袋)|オマールエビを三種の調理法で楽しむ

シュリンプ・バンク(シーフード/池袋)|オマールエビを三種の調理法で楽しむ

シュリンプバンクのカウンターには水槽が設置されており、中には生きたオマールエビやカキ、ハマグリがひしめく。これらの食材を、それぞれの持ち味を活かして和洋中こだわらず調理するのがこの店の特徴だ。こちらで必ず注文したいのが「丸ごと活オマール海老のお刺身」 [アクセス]JRほか池袋駅20a出口徒歩9分


三ツ星店で出会った珠玉の一皿!今月の金メダルはココだ!(2016年4月号)

三ツ星店で出会った珠玉の一皿!今月の金メダルはココだ!(2016年4月号)

毎号、覆面調査で出会った三ツ星店に、あらためて取材を申し込み、撮影している小誌。その中でも傑出したおすすめ店、逸品料理をスタッフの投票で決めている企画です。今月の金メダルは水道橋のタレカツ神保町本店と六本木の御曹司 松六家、池袋のNo.18 HAMBURGER & DININGBAR、神田の焼肉 ゑびす本廛。


ピラブカウ(カレー/池袋)

ピラブカウ(カレー/池袋)

池袋「ピラブカウ」の店舗情報・記事一覧をご紹介します。


カフェコムサ 池袋西武店(カフェ/池袋)

カフェコムサ 池袋西武店(カフェ/池袋)

運ばれて来た瞬間、その美しさに誰もが歓声を上げるマンゴーローズブーケのパフェ。「お客さまに花束をお届けしたい」という、女性パティシエならではの感性が存分に発揮された一品だ。※ランチタイム有


ランキング


>>総合人気ランキング