MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

東銀座駅に関するグルメ記事

表示順:
全コースに登場する文字通りの看板料理、それが鯛茶漬けだ。店主の内山さん曰く「好きだった修業先の味」で、独立の際に自身の店でも定番で出すようになった。
更新: 2019-02-25 12:00:00
銀座の高級日本料理と聞けば身構えるがこちらは例外。全てが一流でありながら、明るく清々しい接客で緊張をゆるりとほぐしてくれる。
更新: 2019-02-24 12:00:00
2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。
更新: 2018-12-15 18:00:00
グルメライターが東銀座のうどん店[きつね庵]を実食レポート。透明なツユにたっぷり浮かぶ“お揚げさん”は、京都の老舗『とようけ屋山本』から。卓上の七味は350年以上続く『七味家本舗』のもの……と書くと、超こだわりの一杯に思えるが、どちらも日常的な京食材。[住所]東京都中央区銀座3-8-13
更新: 2018-12-04 15:59:56
銀座の人気立ち飲み『三ぶん』が離れを開店。こちらはゆっくり飲んでもらおうという着席スタイルで、しかもハイクオリティな料理は内容も価格も立ち飲みとほぼ共通というから見逃せない。
更新: 2018-06-01 16:40:27
(寿司/東銀座)金のダイニング 鮪金(つなきん)|栄養価の高い“ロウカット玄米”と旨みの強さが特長の“金芽米”という2種類のお米にこだわりを持つ店。ランチで人気の「海鮮丼」は、金芽米にマグロの赤身やツブ貝、イクラ、カニの身などをうず高く盛り付けたスタイリッシュな丼だ。
更新: 2019-04-06 10:45:47
[中華三原(ちゅうかみはら)] の創業は昭和38年頃、銀座5丁目の裏小路に佇む、都会の奇跡のような存在。客のほとんどが、座ると同時に「自分定番」のメニューを注文する、正しき姿のザ・町中華。[交通アクセス]地下鉄日比谷線東銀座駅A1出口から徒歩1分
更新: 2018-09-11 16:26:29
ビブグルマンに2年連続で掲載された、東銀座の立ち飲み『三ぶん』が、着席スタイルの『離亭』をオープンした。こちらのランチメニューは「りゅうきゅう丼御膳」の1本勝負。
更新: 2018-03-25 14:10:33
このボリュームでこの値段!? しかも銀座で!? と驚愕必至のメニューがこの松花堂弁当。厳選した食材を使用する和食が自慢の居酒屋が打ち出すランチタイムの一品だ。
更新: 2018-02-22 16:28:37
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt