MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

三田駅に関するグルメ記事

表示順:
 東京ではまだまだ数少ない、大阪の「かすうどん」を味わえる店。「かす」とは「油かす」のことで、牛のホルモン(主に小腸)を高温で揚げたもの。
ホルモンまさる(焼肉/三田)|開店と同時に、昼から肉を焼き焼きしたい猛者たちの行列ができる。ランチの「焼肉定食」で出される国産和牛は、30cm超の皿を覆い尽くす迫力の大判カルビ。
三代目 ぬる燗 加藤(居酒屋/三田)|店名の通り、夜は燗の日本酒を楽しませる居酒屋。昼は築地で仕入れた旬魚を塩焼き、煮付け、刺身などなど、多彩な定食にして食べさせてくれる。
三田「亀喜」の「オムライス」はデ、デカい。薄焼き玉子で包みケチャップをかけた王道スタイルだが、その重量感はハンパじゃない。[交通アクセス]は都営三田線三田駅A3出口から徒歩3分
三田エリアの焼き鳥店「焼鳥 嘉とう」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。「焼鳥 嘉とう」の店主の加藤さんは北千住の名店『バードコート』出身。弾力があり味わい深い奥久慈しゃもをメインに扱い、紀州備長炭で丁寧に焼き上げる。[焼鳥 嘉とう 住所]東京都港区三田3-3-2
飲み屋がひしめく三田の慶應仲通りから狭い路地に入り、歩くこと数分。暖簾がたなびく渋い店構えで、いかにも「旨い!」オーラを漂わすこの店が『ホルモンまさる』だ。
『箱根・富士屋ホテル』で腕をみがいた料理長が作るのは、まろやかで爽やかな酸味のアボカドヨーグルトソースを添えた1杯。ローストビーフ丼。モン・トレゾール東京[交]都営浅草線ほか三田駅A3出口から徒歩3分、JR田町駅西口 徒歩5分 ※ランチタイム有
グルメ雑誌 おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗。ひとりめしの王道、立ち食い蕎麦をすする時、少々料金が上がってもより蕎麦らしい蕎麦を食べたいと思うことはないだろうか?その願いが叶う店が「à la 麓屋 (あら ふもとや)」だ。石挽き蕎麦は香り高く、コシ、のど越し共に秀逸。
希少部位を味わえる刺身やグリル、パスタまで、これら全部、馬肉料理! 安くて美味しい味を提供するため、質の良いカナダ産を塊で仕入れて店内でさばいて調理している。馬肉バル 跳ね馬[交]都営三田線ほか三田駅A3 出口から徒歩3分、JR山手線田町駅三田口から徒歩4分 ※ランチタイム有
行列のできるローストビーフ丼専門店をはじめ。牛肉を扱う店でもランチを中心に提供されています。急増するなかで、どこの丼が美味しいのか!?徹底調査で見つけた厳選おすすめの6杯をお届けします。エリア:神楽坂/恵比寿/日本橋/田町/押上/蒲田
10776views 東京都 丼特集
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt