MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

日本橋駅に関するグルメ記事

表示順:
 土佐鴨とは、高知の南東部に位置する芸西村でこだわりの穀物飼料と水を与えて育てられた合鴨のこと。プリッとした食感とクセのない身質が特長だ。
更新: 2019-05-16 15:11:19
 落語には蕎麦のネタがよく出てくるほど両者の関係は深い。そんな江戸情緒あふれる寄席が、これまた江戸にルーツのある老舗蕎麦屋で楽しめるとは粋ってやつじゃないですか。
更新: 2019-05-20 13:17:24
 2017年10月にオープンした滋賀県のアンテナショップ『ここ滋賀』。その1階にある気軽な地酒バーだ。
更新: 2019-05-20 13:24:28
日本橋『すきやばし次郎日本橋髙島屋店』|「本店のおやじさんから教わったことをやってるだけです」。店主の河端さんは謙虚に語る。
更新: 2019-01-11 12:00:00
『アルポルト』の片岡護シェフといえばイタリア料理界の重鎮。その片岡シェフが少年時代に食べて大感激、イタリア料理の道に進むきっかけとなったのが、カルボナーラだ。
更新: 2018-11-29 10:02:20
グルメライターが食べ歩いて見つけた、東京駅周辺の日本橋エリアおすすめ店。日本橋の素顔を晒すグルメ雑誌の覆面トーク。老舗も新店も混在する日本橋は歩くほどに楽しい発見が!旨い店を探しながら感じたこの街の魅力と、覆面のナイショ話を語り尽くします! 
更新: 2018-12-12 19:07:28
散策の合間に、老舗のカフェでひと休み。江戸文化が薫る日本橋は今も昔も美味しい店が集まっています。品格あるこの街の風情にしっくりと馴染むのは、何といっても和のお店。暑い夏、東京の日本橋で涼むのにおすすめな老舗カフェを2店 ご紹介。
更新: 2018-08-15 12:00:00
日本橋 まえ田のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。
更新: 2018-12-03 14:30:34
「日本橋 やぶ久(そば/日本橋)」は明治35年創業の老舗だが、お客さんの声に応えて進化し続けている。そのひとつが、看板メニューとも言えるカレー南蛮。
更新: 2018-06-15 11:55:07
日本前寿し にぎにぎ一 八重洲本館では1貫100円~の価格帯に関わらず、ネタのほぼすべてに国内の漁場で採れた天然地魚を使用している(調査日は天然本マグロのみボストン産)。
更新: 2018-06-02 18:00:00
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt