MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

三越前駅に関するグルメ記事

表示順:
 島根にある本社の社長から店に与えられたミッションがあるそうだ。ズバリ「東京で島根の魅力を伝えること」。
更新: 2019-05-20 13:14:49
 能、狂言、日本舞踊……これほどの伝統芸能、各流派が日替わりで出演する場は他にはないだろう。2018年3月に誕生したこちらは人気アーティストの木村英智さんが手掛ける劇場型レストラン。
更新: 2019-05-20 13:20:48
 2018年6月上旬、日本橋界隈がざわついた。あの『はせがわ酒店』が初の飲食併設店舗を福徳神社の裏にオープンさせたのだ。
更新: 2019-05-20 13:29:38
 仕込みや調理に手間はかけても見た目や味付けはシンプルに。牛、豚、鴨、季節で鹿や猪などを使い、ローストやステーキといった直球勝負の肉料理に仕上げてくれる。
更新: 2019-05-20 13:32:03
「お客さん同士が仲良くなれる店に」と笑顔で話すのは店主の保坂さんと妻の礼子さん。開店1年ながら「ローグ」=いたずらっ子の店名通り、仲良し夫妻の元にお茶目な常連客が集まる繁盛店だ。
更新: 2019-05-20 13:34:27
 何というフォトジェニックなチーズ料理! 熱々に断面をグリルしたラクレットがテーブルに運ばれてきたかと思えば、目の前で季節野菜の上にどろろ~ん。
更新: 2019-05-20 13:37:09
散策の合間に、老舗のカフェでひと休み。江戸文化が薫る日本橋は今も昔も美味しい店が集まっています。品格あるこの街の風情にしっくりと馴染むのは、何といっても和のお店。暑い夏、東京の日本橋で涼むのにおすすめな老舗カフェを2店 ご紹介。
更新: 2018-08-15 12:00:00
日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。
更新: 2018-06-12 20:00:00
店名通り、ご両親の代からの味を守る長崎ちゃんぽんのお店。メニューは潔く「チャンポン」「皿うどん」「炒麺」の3種類で、量によって松竹梅となる。
更新: 2018-04-28 18:00:00
「青森の郷土料理というわけではなくて、青森の食材を使った料理です」と店主の石沢さん。三方の海、山に囲まれ、水にも恵まれた青森の食材、その素晴らしさを発信したいというのが願いだ。
更新: 2018-04-27 07:00:00
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt