湯島駅に関するグルメ記事


絶品天ぷら&鮮魚が楽しめる和バル!湯島『天ぷら&フィッシュバルころも』

絶品天ぷら&鮮魚が楽しめる和バル!湯島『天ぷら&フィッシュバルころも』

目の前で揚げる本格天ぷら、そして手の込んだ和食、その両方が同時に楽しめるバル……気になるでしょ?その注目の一軒がココ。


開運!合格祈願!ここでしか味わえないインパクト大の【十八割蕎麦】!

開運!合格祈願!ここでしか味わえないインパクト大の【十八割蕎麦】!

湯島『十八割蕎麦』|湯島天満宮を訪れたなら、同店を素通りできっこない。合格そばに開運そばと、縁起物尽くし。


粋な小料理と温かい空間に癒される!湯島『江戸の小料理ふ多川』

粋な小料理と温かい空間に癒される!湯島『江戸の小料理ふ多川』

居酒屋ではないし、割烹とも違う。「板前は置かないし、ひとりなので大層なことはできない。小料理屋ですね」とは店主の二川さん。


コスパ抜群♪接待にもデートにも!隠れ家風寿司屋 湯島『女坂季乃下』

コスパ抜群♪接待にもデートにも!隠れ家風寿司屋 湯島『女坂季乃下』

駅近なのに隠れ家風の一軒家。きれいで居心地よく、お値段も超良心的。


美味しくてご利益もありそう!湯島で人気「熟成うなぎ」の名店!

美味しくてご利益もありそう!湯島で人気「熟成うなぎ」の名店!

湯島『熟成うなぎとにほんの料理 和灯ろ』|うなぎのたれは確かに旨い。でも同時にうなぎ自体の旨さももっと味わってもらえないか―そこで店主の白幡宜洋さんが試行錯誤して生み出したのが熟成うなぎ。


炭火焼鳥 鳥恵(焼き鳥/湯島)のグルメ取材記事と写真

炭火焼鳥 鳥恵(焼き鳥/湯島)のグルメ取材記事と写真

湯島エリアの焼き鳥店「炭火焼鳥 鳥恵」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。「うちに来たら、何よりお預かりした時間を楽しんでいただきたい」とは代表の小澤俊正さん。確かに一歩店に入れば、スタッフには活気があって、とはいえ、落ち着いた佇まい。


[炭火ホルモン ハルマキ] おすすめホルモンのグルメ記事と写真(湯島)

[炭火ホルモン ハルマキ] おすすめホルモンのグルメ記事と写真(湯島)

[炭火ホルモン ハルマキ]のホルモン焼きのメニューは牛・豚を合わせて約40種類。赤身肉を扱わないところにホルモンへの愛情と自信の高さが伺える。[交通アクセス]地下鉄千代田線湯島駅1番出口すぐ、JR山手線御徒町駅北口から徒歩6分


味坊鉄鍋荘(中華/湯島)-中国の羊肉郷土料理、一番人気のラム肉鍋

味坊鉄鍋荘(中華/湯島)-中国の羊肉郷土料理、一番人気のラム肉鍋

湯島の中華店[味坊鉄鍋荘]の羊肉郷土料理に関する、グルメ記事と写真のページ。中国の羊肉郷土料理、鍋鉄鍋煮込みを満喫!羊肉や煮込み料理をよく食べるという、中国・東北地方の黒竜江省。オーナーの梁宝璋さんは、自身の故郷の味を伝えるべく、この店をオープンした。[交通アクセス]地下鉄千代田線湯島駅6番出口から徒歩3分


[うさぎや] これぞ最高峰のどら焼き!(どら焼き/上野)

[うさぎや] これぞ最高峰のどら焼き!(どら焼き/上野)

上野にある[うさぎや]のどら焼きは見た目も味わいも“完璧”なこれぞ最高峰!ほっと和む美味しさ。手土産にも大活躍!


きたろう|気軽な雰囲気でおでんと獺祭を楽しむ(おでん/湯島)

きたろう|気軽な雰囲気でおでんと獺祭を楽しむ(おでん/湯島)

おでん・食工房きたろうは年間を通じて提供している名物おでんとの組み合わせが気軽に楽しめる店。店はアットホームな雰囲気ながら、その道30年以上の料理人が作る和食が本格的だ。[交]地下鉄千代田線湯島駅6番出口から徒歩2分


湯島ひよこ堂(担々麺/湯島)│広島汁なし担々麺を東京に広めた立役者的存在

湯島ひよこ堂(担々麺/湯島)│広島汁なし担々麺を東京に広めた立役者的存在

「広島式 汁なし担々麺湯島ひよこ堂」は東京でいち早く「広島汁なし担々麺」を名乗った先駆け店。店主の近藤考行さんは広島の出身で、食べ歩きの末に独学でこの味を作り上げた。 ※ランチタイム有


毎日食べても飽きない滋味深さが自慢の「カレー クローバー」のカレー(カレー/湯島)

毎日食べても飽きない滋味深さが自慢の「カレー クローバー」のカレー(カレー/湯島)

「カレー クローバー」は脱サラした主人と高いホスピタリティを持つ夫人の店主夫妻が営む、清潔感あふれる可愛らしい店。基本は様々な野菜をメインに取られたブイヨンに、手をかけた玉ネギと爽やかな酸味を演出するトマトが主張するカレー。[交]地下鉄千代田線湯島駅6番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有


ぽん多本家(カツレツ/御徒町)|使うのはロースの赤身部分のみ自家製ラードでコクをプラス

ぽん多本家(カツレツ/御徒町)|使うのはロースの赤身部分のみ自家製ラードでコクをプラス

明治38年創業「ぽん多本家」の初代がウィーン風の仔牛のカツレツをヒントに日本の天ぷらの調理法で考案したのが伝承の味「カツレツ」だ。[交]上野広小路駅から徒歩1分、御徒町駅(南口) 徒歩2分、湯島駅 徒歩5分 ※ランチタイム有


岩手屋本店|落ち着いて飲める大人の大衆居酒屋(居酒屋/湯島)

岩手屋本店|落ち着いて飲める大人の大衆居酒屋(居酒屋/湯島)

「若い頃兄弟子に連れてこられたのが最初ですが、年を重ねてよさがわかる店。三遊亭圓歌師匠もよくいらしたようです」。くさややひらめ昆布締めなどをアテに、樽に入った岩手の銘酒「酔仙」で一杯。ていねいに磨き込まれた優しい風情のカウンターも落ち着く、大人の居酒屋だ![交]地下鉄千代田線湯島駅4番出口から徒歩2分


れんこん|150年前の古材を使った店内でれんこん三昧(れんこん料理/上野)

れんこん|150年前の古材を使った店内でれんこん三昧(れんこん料理/上野)

18年前に店を始めた先代が「地元上野にある不忍池の蓮池にちなんで、れんこん料理を名物にしよう」とメニューを考えたのが始まり。今や前菜からデザートまで、茨城県小美玉市の農家から届くれんこんを使った料理が約20種類並んでいる。れんこん[交]上野駅不忍口から徒歩4分、湯島駅徒歩6分、上野広小路駅徒歩2分


琥珀|60年の時を刻む三島由紀夫も愛したここにしかないバー(バー/湯島)

琥珀|60年の時を刻む三島由紀夫も愛したここにしかないバー(バー/湯島)

「昭和の文人たちが愛したバー」特集掲載店、「琥珀」は作家・三島由紀夫が通ったバーとしても有名だ。東大や芸大も近いという場所柄か、どこか知的な華やぎらしきものも感じられる。[交]湯島駅2番出口から徒歩3分、上野広小路駅A3出口から徒歩3分


【移転】らーめん天神下 大喜|シンプルイズベスト塩ラーメン界の不朽の名作(ラーメン/湯島)

【移転】らーめん天神下 大喜|シンプルイズベスト塩ラーメン界の不朽の名作(ラーメン/湯島)

スープは、大量の鶏の首ガラとモミジをじっくり煮出してとったダシに、カツオ節や昆布ダシ入りの塩ダレを合わせたシンプルな構成。生姜で含め煮にした鶏挽き肉の味が少しずつしみ出すことで、最後まで飽きずに食べられるようになっている。らーめん天神下 大喜[交]東京メトロ千代田線湯島駅1番出口から徒歩1分 ※ランチタイム有


[ダ ジョルジョ] おすすめピザのグルメ記事と写真(ピザ/湯島)

[ダ ジョルジョ] おすすめピザのグルメ記事と写真(ピザ/湯島)

湯島でピザならココ!「Pizzeria e trattoria da Giorgio(ダ ジョルジョ)」は本場ナポリの名店などで3年修業したピッツァ職人の徳山志英さんがオープンさせたお店。目を引くのはナポリで200年以上の歴史を誇る窯職人一家が来日して組み上げた日本最大級の薪窯だ。


ランキング


>>総合人気ランキング