MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

人形町駅に関するグルメ記事

表示順:
『人形町 花』(焼き鳥・鶏料理/人形町)|竜宮城の玉手箱ならぬ、こちらはゴロゴロと大きい鹿児島産「赤鶏さつま」と、京都丹波の艶やかな卵が織り成す美味の玉手箱。蓋を開ければ好々爺みたく目尻が下がる至福の瞬間、見ればももに首肉のせせり、ハツ、そぼろまで入っている。
更新: 2018-12-23 12:00:00
割り下を鍋に少量注ぎ、肉を一枚ずつ焼いて焼き目をほんのりつけながら、割り下の味がまとわりつくように加熱していく。この案配に一切の狂いがない。
更新: 2018-11-29 12:08:26
人形町エリアの「獣肉と酒 ぼんくら」の「島根の猪と秋田のせり鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。日本では古くから獣肉を食べる文化がある。そんな山の幸を「もっと身近に味わって欲しい」と店主は気軽な居酒屋スタイルを貫く。
更新: 2018-09-21 15:57:31
大ぶりで食べ応えのある牛串は、備長炭で香り良く焼き上げ、肉の旨みを凝縮。柔らかさとジューシーさがたまらない。
更新: 2018-03-14 20:00:00
「人形町 やきとん ひょっとこ」ほど焼く前の姿からバランスの美しい串は少ないかもしれない。実直な仕事ぶりが伝わる焼きとんの旨さは都内屈指。
更新: 2018-03-04 08:00:00
下町うまいもん散歩 人形町特集掲載店。心にまで沁み入るような、実にコク深いおでんだ。毎朝仕込むのは93歳の女将・田村つねさん。
更新: 2018-10-09 16:49:39
人形町の下町うまいもんグルメ散歩特集店舗!置屋を改装した重厚な店は老舗の風格が漂い、江戸前の流儀と伝統を守る上質な寿司が味わえる。カウンターで粋に楽しむのもいいが、手土産ならバラちらしもおすすめ。
更新: 2019-06-26 15:07:18
人形町の下町うまいもんグルメ散歩特集店舗!「天ぷら食って蕎麦で〆る」。このコンセプトを掲げて静岡県島田市の名店が人形町に移転。
更新: 2019-06-26 15:03:56
下町うまいもん散歩 人形町特集掲載店。人形町の小さなビル内とは思えない本格的な試写室のあるレトロカフェを発見。それもそのはずオーナーは数々の名作を手掛けた脚本家の柏原寛司さんと、かつて舞台製作に携わっていた妻の久美子さん。
更新: 2018-02-26 08:00:00
下町うまいもん散歩 人形町特集掲載店。トンカツとカツサンドの専門店として創業。明治座など劇場が近いことから差し入れとして役者らにも贔屓にされた。
更新: 2019-02-08 14:51:08
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt