MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

ご当地グルメに関するグルメ記事

表示順:
ご当地グルメ……。私の中では宮崎県が最強だと思っていた。 冷や汁、肉巻きおにぎり、そしてマンゴーも美味しい……。そんな宮崎県LOVEの私だが、この夏、ライバルが吉祥寺に登場した。栃木県である! 
SL列車と川根茶で知られる大井川鐵道。 その名の通り大井川に沿って走り、春は桜、秋は紅葉と、季節の変化で何度でも訪れたい路線ですが、いちばんのおススメは5月。 「川根茶」として全国に知られる銘茶の茶畑がいっせいに芽吹き、鮮やかな緑が目を楽しませてくれる季節です……。
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
島にはビールがよく似合う。このところ沖縄では地元ビールが盛り上がっている。
秋田名物と言えばきりたんぽと比内地鶏。だけどそれだけじゃないんです、ということを教えてくれるのがここ。
 茨城県が誇る蕎麦品種「常陸秋そば」と地元ビールを旅気分で味わいに出かけよう。世界50か国以上で愛される人気ブランド『常陸野ネストビール』を造るのは、創業190余年を数える日本酒蔵『木内酒造』。
函館の地ビール第1号のこちらは昨年で満20年。ビール工場併設でカウンターからテーブル、テラス席まで席数も多い中で地ビールを満喫できる。
富山に来たら食べたいと思う蟹、海老、ホタルイカなど、漁港で直接仕入れた旬の魚介が満載。ボタン海老のしゃぶしゃぶ(要予約)など、その素材を一番美味しいと思う方法で食べさせてくれる。
渋谷神泉エリアの郷土料理店「ひしゅうや」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。地方色豊かな九州の中でもとりわけ宮崎県の郷土料理は楽しい。素朴ながらもパンチのあるメニューがいっぱいあるからだ。
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt