MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

中目黒駅に関するグルメ記事

表示順:
 鍋からすっくとそびえるのはスライスされた神戸牛のロースとバラ。段々煮えてくると中から白菜やニラなどの野菜が姿を現し、下には山形牛のぷりぷりホルモンが潜んでいる。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
和食ひと筋に30年間研鑽を積んだ店主・髙橋さんの手から生み出される料理は、ここでしか食べられない一響流。例えば、茶碗蒸しにはモッツァレラチーズを潜ませ、コロッケは塩昆布やアンチョビでコクを出す。
中目黒のランチを人気グルメ雑誌のライターが厳選!1000円以下の安くてリーズナブルなお店やおしゃれなお店、絶品和食など、ぜひお薦めしたいお店を集めました。店舗情報やMAPも紹介しているので、併せてご覧ください!
中目黒のすき焼き店「鴨とワイン Na Camo guro」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。中目黒の駅近ながら、実は隠れ家レストランだ。路地裏にある小さな扉を入ると、お洒落な空間がパッと現れる。[住所]東京都目黒区上目黒1-20-5 [TEL]03-5725-3378
中目黒エリア「吉次蟹蔵」の「毛ガニ大根鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。鍋の中には丸ごと一杯の毛ガニが鎮座し、3種の唐辛子で真っ赤に染まっている。圧倒的な見た目だが、それは始まりに過ぎない。
中目黒エリアのうどん屋「朝松庵 (あさまつあん) 」の「カレー南蛮」のグルメ記事と写真。「小学生の頃から、いつも祖父のカレー粉作りに呼ばれて手伝ってました」という4代目の角田米子さん。明治41年に、祖父が大阪で売り出したカレー南蛮の作り方を今も忠実に守っている。
BONNEL HOUSE(ボンヌ ハウス)/ビストロ/中目黒|ここ数年、カカオ商品のヒットやビーントゥバー専門店の台頭でブームになっているチョコレート。中目黒にオープンした『BONNEL HOUSE(ボンヌ ハウス)』が掲げるコンセプトは、“カカオビストロ”。
クラフト(手作り)をコンセプトにしたアメリカンスタイルのバーベキュー料理の店。オリジナルスパイスで味付けした塊肉を特製スモークチップで低温調理することで、旨みをギュッと凝縮させている。
中目黒の中華店「幸楽」のエビチリに関するグルメ記事とおすすめメニューの写真ページ。旨い店が集まる街として知られる中目黒。[幸楽]はこの地に店を構えることなんと43年![住所]東京都目黒区上目黒2-44-3 [TEL]03-3710-5304
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt