MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

六本木一丁目駅に関するグルメ記事

表示順:
人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが六本木で覆面調査をして見つけた、日本酒と牡蠣が楽しめる居酒屋や、ウィスキーが満喫できるバー、絶品焼き鳥店など、六本木駅・六本木一丁目駅から徒歩10分以内でおすすめのディナーをご紹介!
約20年前の創業時からメニューはまさにマグロだけ。とび切りのネタをリーズナブルな価格で味わえるのは、店主・白川さんのマグロ愛のなせるワザなのだ。
世界で一番じゃがいもを食べる国、ベラルーシ。国民一人当たりの年間消費量は約180kgともはや主食級で、家族4人ならじゃがいものパンケーキ「ドラニキ」を50枚くらい焼くというからスゴイ。
六本木の中華店「健民ダイニング」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。健民ダイニングは神戸に本社を構える「ケンミン食品㈱」のアンテナショップとして、主力商品のビーフンをひっさげ六本木にやってきた。自慢の「福建風焼ビーフン」は、米粉100%のビーフンを使用。[住所]東京都港区六本木3-1-25 六本木グランドプラザ
「美味しいカバを探していましたが、コンデ・デ・カラルはまさにイメージ通りです。バランスがよくて、味に奥行きがあるので料理を選ばない」と太鼓判を押すのは、スペインのミシュラン星付き店で修業を積んだ『フェルミンチョ』の作元慎哉シェフ。※ランチタイム有
六本木エリアを人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが食べ歩いて見つけた、本当におすすめのランチ情報。六本木のおしゃれなお店や、1000円以下の安いランチなど厳選した絶品ランチ6店舗をご紹介します!
2016年3月、奥渋谷のポルトガル料理店『クリスチアノ』が、バレンシアバルを六本木の『アーク森ビル』2階にオープンさせた。メニューの約9割を占めるタパスは、独特の穀物といわれるチュファや乾燥パプリカ・ニョラなどを使用した約50品。スペイン バレンシアナ バル BULLICIO[交]地下鉄南北線六本木一丁目駅3番出口
熟成肉で評判のステーキ店「格之進F (カクノシンエフ)」によるランチBOX。デミグラスソースをまとったハンバーグは国産牛と白金豚の合挽き。塩麹で引き出した濃厚な旨みが自慢だ。[交]六本木一丁目駅直結 アークヒルズサウスタワー地下1階 ※ランチタイム有
「メゾン・ランドゥメンヌ トーキョー」は仏のグルメガイド本『ピュドロ』で一位を獲得した実力派。海外初出店の東京店ではパリと同じレシピのパンなどが味わえる。国産バターを使ったお手頃価格の「クロワッサン・ジャポネ」も人気。[アクセス]六本木駅より 徒歩8分、六本木一丁目駅より徒歩5分、麻布十番駅より徒歩5分
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt