MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

閉店に関するグルメ記事

表示順:
 昨年11月に神田から神楽坂へ移転。フランスの一流レストランで腕を磨いた大谷大三郎シェフの伝統的かつオリジナリティあふれる料理が楽しめる。
気にはなるけど入るのに勇気がいる店がある。扉の向こうはどんな世界?
東新宿のとんかつ店「とんかつ やまくら」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。上ロースかつに使うリブロースの重量は300g以上!厚さも2cm以上はあろうかという見た目に反して、口当たりは歯に吸い付くほどやわらか。[住所]東京都新宿区新宿7-11-3 [TEL]03-3208-3277
実にクリーミーなカレー汁のつけ蕎麦だ。秘密は生クリームかと思いきや「魚介ダシと牛乳を加えるだけ」と店主。
行列店『饗 くろ喜』が金曜の限定ブランドを刷新。貝ダシ×ハーブ×スパイスというかつてない試みで、新境地に挑む。
鶏味座屋台 渋谷店(とりみくらやたい)/焼き鳥/渋谷|一番人気の親子丼の鶏肉は、備長炭で炙った濃い味わいが特徴のさつま若しゃも。カツオやサバ、アゴなどでとったダシを利かせた甘めの割り下を使った逸品だ。
握り寿司はもともと江戸っ子が屋台でちょいとつまんでいたもの。だからあえて原点の立ち食いにこだわり、「とにかく気軽に楽しんでほしい」と2017年 6月末に日本橋に「立ち喰い寿司 玉結び」をオープンさせた。
下町うまいもん散歩 人形町特集掲載店。トンカツとカツサンドの専門店として創業。明治座など劇場が近いことから差し入れとして役者らにも贔屓にされた。
 北千住では古い建物の良さを活かした、リノベーション系の飲食店もよく見られる。いぶきでは個人住宅だった外観をほぼ残し、内装の梁もそのまま。
 聞いてびっくり、創業は幕末の文久2年(1862)。初代が売れ残っただんごを伸ばして焼いて売ったものを参考にして作りあげたのが始まりで、いわゆる「お醤油味で平たいせんべい」が日本に広まったのは、ここ平野屋がきっかけだとか。
1 2 3 4 最後
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt