MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

デミグラスソースに関するグルメ記事

表示順:
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
エゾ鹿の赤身肉がしっかり主張するが、臭みがないのは新鮮ゆえ。粗めに挽いたゴツゴツとした食感と赤ワインが香る特製デミグラスが大人の味わい。
[ステーキバル RYO]のグルメ記事と写真のページ。専用庫で40日間寝かせた熟成肉を使用。噛むほどに熟成肉ならではのコク深い肉汁が広がる。※ランチタイム有
[ビストロ石川亭] 魅惑のハンバーグは230gの肉塊の下には、マッシュポテトとほうれん草ソテーがたっぷり。パテに生のまま混ぜ込まれたキャベツの食感が、密度の高い挽き肉と調和している。[アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅C8、C9出口から徒歩3分
西ケ原エリアにあるハンバーグ屋「榎本ハンバーグ研究所」のグルメ記事と写真のページ。ふわっふわの食感で噛みしめるとジューシー、思わず笑顔になるような幸せ味のハンバーグだ。[交]地下鉄南北線西ケ原駅2番出口から徒歩20秒
 洋食ひと筋42年のベテラン店主が営むこぢんまりとした店。合挽き肉で作るハンバーグは、オーソドックスながらもソテーしたタマネギの甘みを活かした優しい味わいだ。※ランチタイム有
中目黒エリアの焼肉店「びーふてい」のハンバーグのグルメ記事と写真のページ。「びーふてい」のハンバーグは元祖牛一頭買い、肉質にこだわる焼肉店のランチ限定メニューとして大人気。1日40食出るというハンバーグだ。※ランチタイム有
田原町エリアにあるハンバーグ店「浅草グリルバーグ」のグルメ記事と写真のページ。ハンバーグのパテに使用するのはスネとショルダーを中心としたカナダ産ビーフ。つなぎはほとんど加えず、代わりに練り込むのが老舗蔵元から届く塩麹だ。※ランチタイム有
日本ハンバーグ協会が主催する全国大会で、見事金賞を獲得したのがこの「デミグラスハンバーグ」だ! パテのベースとなるのは、オーソドックスな牛と豚の合挽き肉。ここにごく細かく挽いた牛タンを加えるのがこの店ならでは。※ランチタイム有
会津美里町出身のご夫婦が営む洋食居酒屋。名物は会津伝承のソースカツ丼。ご飯に山盛りキャベツが敷かれ、デミグラスソースがベースのソースにくぐらせたかつがのるデカ盛りだ。キッチンフライパン[アクセス]地下鉄千代田線ほか北千住駅1番出口から徒歩約5分 ※ランチタイム有
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt