MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

代々木公園駅に関するグルメ記事

表示順:
グルメライターが渋谷のステーキ店[PEKO CISE(ペコシセ)]を実食レポート。近年牛肉は、上品な脂身を持つきめ細かいサシが好まれている。そんななか、奥渋谷にオープンした『PEKO CISE』で提供する牛肉は、北海道・十勝の雄大な自然で育てられた「十勝大平牛」。[住所]東京都渋谷区神山町4-18
更新: 2018-12-04 16:53:22
寿司職人として修業した成瀬さんとバリスタの鈴木さんがオープンさせたサンドイッチとコーヒーの店。5.5坪の小さな店から生み出される絶品サンドを求めて毎日行列ができる。
更新: 2018-03-15 20:21:40
「普通じゃつまらないし、ぼそぼそしたポテサラは嫌いなので」と店主の髙橋さんが言うポテサラは、なるほどしっとりかつ、ちょっとクリーミーな食感。“いも芋”の名前は、北あかりと鳴門金時(さつまいも)が使われているからで、少し固体感の残った北あかりのほっくり感と鳴門金時の甘みがクロスするのも楽しい。
更新: 2018-02-22 08:50:07
 代々木八幡の大人気ポルトガル料理店『クリスチアノ』の佐藤幸二氏が新たに手がけたのは、惣菜ともんじゃの店だ。「惣菜を買える街場の店を出したい」開店。
更新: 2018-01-18 12:00:00
表面がパリッとするほど焼きあげられ、食感と香りが豊かなハンバーグ。中にはパクチーの根と茎が入り、素材の個性を増長しあっている。※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:47:52
フレンチのシェフをしていた「セバスチャン(Sebastian)」の店主が、その技法を生かしたソースやピューレを使用。妥協なしのドルチェ氷がいただける。
更新: 2018-08-30 14:41:43
渋谷神泉「パッポンキッチン(PAPPON KITCHEN)」のシェフはタイ・バンコクのレストランで11年、日本のレストランで16年間、腕を磨いた。タイ人のデンチャイさんが提供するのは、タイの一般市民が食べている日常食で日本では希少な料理が並ぶ。辛さは現地よりややマイルドに仕上げている。
更新: 2018-04-16 15:11:47
福井の食材や旬を取り入れた創作料理が評判の店。ソースカツ丼は、店主が幼い頃から食べていたという故郷の味だ。四季ごはん 晴れ間。[アクセス]小田急線代々木八幡駅南口から徒歩3分、地下鉄千代田線代々木公園駅1番出口から徒歩3分
更新: 2017-12-20 15:48:12
丸木屋商店は住宅街にある酒販店が店舗の一部で営業する、いわゆる“角うち”。日本酒が充実しており、約20種類を揃え、400円前後。「ポテトサラダ」をはじめ、家庭的なつまみは素朴な美味しさ。曜日限定で作られる「煮込み」も名物だ。[アクセス]代々木公園駅より徒歩9分、代々木八幡駅南口より徒歩10分、渋谷駅徒歩15分
更新: 2018-08-30 15:05:14
神山町「オステリア アルコ(Osteria Arco)」のシェフは、チーズをはじめとした乳製品やワインなど、食の宝庫である北イタリア・ピエモンテで修業した実力の持ち主。イタリアや静岡、高知、九州数県など各地の農家などから直送される旬材を使用する。
更新: 2019-03-26 10:58:12
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt