池尻大橋駅に関するグルメ記事


池尻本店 おわん(和食/池尻大橋)|滋賀県産近江米に惚れた店主が魅力を引き出す炊き込みご飯

池尻本店 おわん(和食/池尻大橋)|滋賀県産近江米に惚れた店主が魅力を引き出す炊き込みご飯

おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。


三宿の寿司 えん(寿司/池尻大橋)|1貫1貫に真心が込められた至高の寿司をお手頃に

三宿の寿司 えん(寿司/池尻大橋)|1貫1貫に真心が込められた至高の寿司をお手頃に

時に寿司屋のカウンター内は職人の舞台のようだと表現されるが、美しい国産檜のコの字風が目を引くこの店もそう。ネタ箱には調理を待ちわびる飛び切りの天然物が並び、美味しく魅せるよう配した温かみのあるライト、そして何よりこの舞台で繰り広げられる若き大将の所作と接客が清々しく、客を心から楽しませる。


ビストロ喜楽亭のカレーはじっくりと手間をかけたブイヨンが生み出す!(カレー/三宿)

ビストロ喜楽亭のカレーはじっくりと手間をかけたブイヨンが生み出す!(カレー/三宿)

 三宿「ビストロ喜楽亭(きらくてい)」のカレーの決め手は何と言ってもブイヨンだ。牛骨と香味野菜で3日間かけて煮込まれ、カレー粉と合わせてさらにひと晩寝かされる。


「名物あおば餃子」は外カリッ中トロ~ッ|池尻餃子.(餃子/池尻大橋)

「名物あおば餃子」は外カリッ中トロ~ッ|池尻餃子.(餃子/池尻大橋)

池尻大橋の「池尻餃子.」はカフェのような洒落た雰囲気の店だが、餃子に取り組む姿勢は意外なほどストイック。「名物あおば餃子」は、赤身と脂が7対3くらいで旨みが強めの豚肉をたっぷりと使用し、野菜はニラのみ。


ボリューム満点これぞ洋食屋”B” のカツサンド(洋食/池尻大橋)

ボリューム満点これぞ洋食屋”B” のカツサンド(洋食/池尻大橋)

池尻大橋で愛される洋食店の根強い人気メニューが洋食屋”B” (ヨウショクヤビー)の「カツサンド」(夜のみの提供、1080円)。大きな豚ロースのカツ1枚を半分にカットし、脂身と肉の部分をバランスよく二重にして厚切り食パンで挟んだスタイルが特徴だ。 [交]東急田園都市線池尻大橋駅南口から徒歩7分 ※ランチタイム有


さそう|ほどよい”放っとかれ“感が心地いい、カウンター酒処(居酒屋/池尻大橋)

さそう|ほどよい”放っとかれ“感が心地いい、カウンター酒処(居酒屋/池尻大橋)

池尻大橋の旧道にひっそりと佇むこの店は、知らない人なら通り過ぎてしまうような店構え。だが扉の向こうにはゆったりめで奥行きあるカウンターが広がり、奥の厨房からは女性店主の佐宗さんが、まるで友人を招き入れるかのように案内してくれる。さそう[交]東急田園都市線池尻大橋駅東口から徒歩3分


ランキング


>>総合人気ランキング