カウンターに関するグルメ記事


期間限定の『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた!(居酒屋/新宿)

期間限定の『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた!(居酒屋/新宿)

青少年が立派な成人男子になる過程で、あらゆることを教えてくれるバイブル的雑誌『週刊プレイボーイ』。中々買うのに勇気が必要でしたが、アレもコレもと本当にお世話になりました。その『週プレ』が創刊50周年を記念して期間限定で開店したのがここ、その名も『週プレ酒場』だ。


歌舞伎町のホストのおすすめ本が読めるカフェ「歌舞伎町ブックセンター」

歌舞伎町のホストのおすすめ本が読めるカフェ「歌舞伎町ブックセンター」

愛をテーマとした蔵書は400冊。「セカンドキャリアを考えた時に、幅のある人になってほしい」と、ホストに本を読ませる様々な取り組みをしていたホストクラブ経営者・手塚マキ氏が、「ホストだけではなく、一般の人にも気軽に来てもらえるような、本屋とカフェを併設させたサロンを」とオープンさせた。


[鮨 竹山 丸の内] 本格江戸前握りのセットが食べられる穴場(寿司/東京駅)

[鮨 竹山 丸の内] 本格江戸前握りのセットが食べられる穴場(寿司/東京駅)

[鮨 竹山 丸の内]のグルメ記事と写真のページ。創業明治22年の老舗でお寿司、というと敷居が高そうに聞こえるけど、平日昼は1080円から本格江戸前握りのセットが食べられる穴場。気軽なテーブル席もいいが、より優雅に味わいたいなら白木のカウンターへ。[アクセス]丸の内オアゾ6階


平日ランチ限定!東京駅であっという間に売り切れる幻の「バラちらし」

平日ランチ限定!東京駅であっという間に売り切れる幻の「バラちらし」

『まんてん鮨(寿司/東京)』はじわじわと口コミが広まり、今や2~3ヶ月先まで夜の予約がほぼ埋まっているという。そんな人気のおまかせ握りのネタを存分に楽しめるのが、平日ランチ限定のバラちらしだ。


ACORN|グランルーフフロントのココも三ツ星店!(フレンチ/東京)

ACORN|グランルーフフロントのココも三ツ星店!(フレンチ/東京)

世界各国から厳選した生ハムやシャルキュトリー、チーズ、日替わりで入荷する牡蠣などとともに、ワインや地ビールを堪能できる。60種類を超える品揃えのワインとのマリアージュを楽しみたい料理は、和のテイストを取り入れたフレンチがベース。


素通り不可能!絶品の地鶏料理と秋田純米酒を味わえる日本酒バー|本家あべや 秋田純米酒処(バー/東京)

素通り不可能!絶品の地鶏料理と秋田純米酒を味わえる日本酒バー|本家あべや 秋田純米酒処(バー/東京)

毎朝生産者から届くとびきり新鮮な比内地鶏が自慢の焼鳥店。すぐ隣に併設しているのが、秋田県産の純米酒のみを扱う日本酒バーだ。


ほっとする味わいの家庭料理と日本酒に舌鼓|ごはん処 為御菜(居酒屋/東京)

ほっとする味わいの家庭料理と日本酒に舌鼓|ごはん処 為御菜(居酒屋/東京)

「女将のいる東京駅の隠れ家」が店のコンセプト。宮大工が作ったという店内は、一枚板のコの字カウンターが印象的。


七代目 卯兵衛|北町ダイニングのココも三ツ星店!(魚介・海鮮料理/東京)

七代目 卯兵衛|北町ダイニングのココも三ツ星店!(魚介・海鮮料理/東京)

1937年開業のビヤホール『ニユートーキヨー』。その前身は、明治期に創業した函館の海産物問屋『森卯商店』。


手打ちそば やっ古|しなやかな細打ち蕎麦と料理の憩いの空間(そば/学芸大学)

手打ちそば やっ古|しなやかな細打ち蕎麦と料理の憩いの空間(そば/学芸大学)

 カウンター中心の落ち着いた店を切り盛りするのは可憐な女将。店主の西田さんは蕎麦の達人である石井仁さんの元で、銀座「古拙」、日本橋「仁行」という名店2店で修業を重ねた。


獺祭Bar 23|絶好コンディションで細やかな磨きの違いまで味わいたい(バー/京橋)

獺祭Bar 23|絶好コンディションで細やかな磨きの違いまで味わいたい(バー/京橋)

 すべてが純米大吟醸。二割三分という精米歩合から、華やかな香りと濃密な含み香、爽やかなあと口を生んで、世界にも評価される「獺祭」。


酒蔵きたやま|酒呑みの心をくすぐる古典酒場の雄(居酒屋/大塚)

酒蔵きたやま|酒呑みの心をくすぐる古典酒場の雄(居酒屋/大塚)

銘酒居酒屋の激戦区・大塚にあって、古風な酒場スタイルで30年以上も愛されてきた『きたやま』。こと1階のコの字カウンターは最上の空間だ。


銀座の人気居酒屋!忘れずに食べたい名物が「尾崎牛コロッケ」

銀座の人気居酒屋!忘れずに食べたい名物が「尾崎牛コロッケ」

銀座魚勝 (ぎんざうおかつ)/居酒屋/銀座|数寄屋橋交差点からすぐという好立地にありながら、美味しい料理と日本酒がリーズナブルな価格でいただける日本酒居酒屋。料理の主軸はカウンターに並ぶ大皿料理のおばんざいと築地から仕入れる魚だ。


奈良で創業24年のおでんと一品料理のお店が麻布十番に出店!

奈良で創業24年のおでんと一品料理のお店が麻布十番に出店!

おでん酒庵 すぎ乃 麻布十番店(おでん/麻布十番)|奈良で創業24年になるおでんと一品料理のお店が昨年麻布十番に出店。透明感のあるきれいなダシのおでんが、すっと自然に体に沁みるような味わいで旨い。


寿司食べ放題の概念を覆す、本格江戸前握りに悶絶|すし処 新田中(寿司/都立大学)

寿司食べ放題の概念を覆す、本格江戸前握りに悶絶|すし処 新田中(寿司/都立大学)

目黒区にある「すし処 新田中」。白木のカウンターに、ネタが美しく並ぶガラスケース。正直、終日食べ放題サービスを行っている店とは思えない雰囲気だ。


赤坂見附で「最強まぐろ丼」!極上本マグロの3種の味を食べ比べ|板前寿司 江戸(寿司/赤坂見附)

赤坂見附で「最強まぐろ丼」!極上本マグロの3種の味を食べ比べ|板前寿司 江戸(寿司/赤坂見附)

「板前寿司 江戸」のコンセプトは“江戸文化”。江戸時代の寿司屋台をイメージしたカウンター席をはじめ、浮世絵や提灯などの飾り、歌舞伎の桟敷席を思わせるテーブル席など、劇場型の店内は見ているだけで楽しい。


吟味したネタが光る魚がし横丁のニューフェイス|晶(寿司/築地)

吟味したネタが光る魚がし横丁のニューフェイス|晶(寿司/築地)

2017年1月11日に築地市場内の魚がし横丁にオープン。カウンターのみ12席で、いかにも築地らしい活気あふれる雰囲気に期待が高まる。


極上のネタと感性職人技が織り成す珠玉の鮨!|鮨十(寿司/西麻布)

極上のネタと感性職人技が織り成す珠玉の鮨!|鮨十(寿司/西麻布)

西麻布の細い路地裏に立つ一軒家。レトロな佇まいで敷居が高そうだが、戸を開ければにこやかな笑顔の親方が迎えてくれてホッとする。


[江戸深川 鮨にしち] おすすめ寿司のグルメ記事と写真(門前仲町)

[江戸深川 鮨にしち] おすすめ寿司のグルメ記事と写真(門前仲町)

[江戸深川 鮨にしち]  艶やかな本マグロのトロ、江戸前の粋を感じる小肌に続き、イカ、サンマ、カスゴ、軽く昆布〆にした甘エビなど。タイミングよく1貫ずつ置かれる握りは、どれも姿が美しい。[交通アクセス]地下鉄東西線ほか門前仲町駅4番出口から徒歩2分


O寿し1(寿司/西荻窪)|粋な握りと、魚と、日本酒とつまんでもつままなくても楽しい

O寿し1(寿司/西荻窪)|粋な握りと、魚と、日本酒とつまんでもつままなくても楽しい

西荻窪、O寿し1(おすしいち)はガラス張りのエントランスに、カナダの古材を使ったカウンター。「寿司屋っぽくしたくなかった」と大将の松田さんがいうように、寿司屋然とした感じはない。


寿司 しながわ 葵(寿司/青物横丁)|満を持して地元で独立誠実さがにじみ出る端正な握り

寿司 しながわ 葵(寿司/青物横丁)|満を持して地元で独立誠実さがにじみ出る端正な握り

店主の林さんは実家が寿司屋で父の背中を見て育った。有名ホテルなどで経験を積み、3年前に念願の地元で独立。


ランキング


>>総合人気ランキング