MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

三鷹駅に関するグルメ記事

表示順:
 店主の関口さんが作る料理はきらびやかな派手さはない。けれどホッと落ち着く上品さと質の良さ、そして何よりも真心がある。
更新: 2019-01-31 12:00:00
グルメライターが食べ歩いて見つけた、三鷹の唸るラーメンは「麺屋 さくら井」のラーメン。看板の「醤油らぁ麺」を支えるのはふくよかな鶏スープ。水炊き用に開発されたコクのある「はかた地どり」のガラと、脂のりのよい「大山どり」の丸鶏でとったスープに、醤油感を立たせた力強いタレを合わせている。
更新: 2018-08-30 12:00:03
季節の訪れとともに、待ってました! と言いたくなる鴨南蛮である。本枯れの厚削り、鰹節のみでダシを取るというつゆは深く澄んでけれんみがない。
更新: 2018-12-17 10:52:01
暖簾をくぐれば、ほどよい緊張感と清潔感の「日なた」。堅苦しくはないが、和食ならではのそんな佇まいがいい。都内の割烹や居酒屋で修業をしたご主人・大関健司さん。
更新: 2018-08-30 17:09:47
牛めしの松屋のカレー専門店。松屋とは異なる、オリジナルのカレー3種類で勝負。※ランチタイムあり
更新: 2017-12-20 15:48:00
「ありのみ」は高田馬場で日本料理店を長年経営していた店主の秋山晶彦さんが2014年に三鷹で再出発。カジュアルな和食店をオープンさせ、地元で人気を集めている。[交]JR中央線三鷹駅南口から徒歩5分
更新: 2017-09-14 14:00:09
「手打そば太古福」の「冷しキツネ蕎麦」は丼に入った冷たい蕎麦に、別皿で大根おろしと、熱々じゅわっと甘い油揚げ。別々に食べ進めてよし、ぶっかけにしてよし、自分なりに楽しめるのもうれしい一品だ。[交]JR中央線三鷹駅南口から徒歩2分 ※ランチタイム有
更新: 2017-08-31 11:40:41
和ビストロ えんらくの「極上 牛とろ飯」は、客の約7割が〆に頼むという人気の一品だ。十勝牛のフレークを職人が一つひとつ手作りでプレート状に加工。熱々ご飯にドンとのる迫力がうれしい。わさび醤油で食せば至福のひと時だ。[アクセス]三鷹駅北口徒歩4分
更新: 2018-09-03 12:01:21
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt