MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

マグロに関するグルメ記事

表示順:
人気グルメ情報誌「おとなの週末」の覆面調査で発見した、東京都内のマグロが本当に美味しいおすすめのお店をご紹介!六本木一丁目、赤坂見附、高円寺、新橋、神田、有楽町で見つけたイチオシの6軒です。
アマルフィイ・モデルナ|見目麗しい皿の数々に、思わずみとれる。こちらは鎌倉・七里ヶ浜に本店を構えるイタリアン。
[鮨 竹山 丸の内]のグルメ記事と写真のページ。創業明治22年の老舗でお寿司、というと敷居が高そうに聞こえるけど、平日昼は1080円から本格江戸前握りのセットが食べられる穴場。気軽なテーブル席もいいが、より優雅に味わいたいなら白木のカウンターへ。[アクセス]丸の内オアゾ6階
築地海鮮 すしまみれ 新宿店(寿司/新宿)|ネタは提供時にベストな状態になるよう、鮮度管理を徹底。特に力を入れるマグロとサーモンは生を使用し、「まぐろ5貫セット」は1240円とお値打ちだ。
「焼き、煮付け、刺身。魚はこれだけ」。そう言って、にっと笑う「まぐろ 高直」店主の前島さん。日本橋で生まれ育った生粋の江戸っ子で、築地のマグロ仲卸で40年近く働いていた目利きのプロでもある。よって市場に旧知の仲間も多く、質のいい天然物を仕入れられるのだそう。
 2013年に関東初進出した富山の人気店が、2016年新橋ガード下に移転オープン。富山湾で獲れた魚介や郷土料理、さらに新橋店限定の三崎マグロを看板に掲げて連日大盛況だ。
厳選されたマグロを刺身、焼き、煮付け、串、揚げ、丼と、さまざまな食べ方で堪能できる高田馬場の人気店[まぐろんち]の2号店[まぐろんち 高円寺ガード下店]。まぐろ専門店だからこそ実現した「脳天」や「頰肉」も599円という高コスパが魅力だ。[交通アクセス]はJR中央線・総武線高円寺駅北口から徒歩3分
本業は寿司屋ではなくても、マグロの魅力を存分に味わえる所はたくさんあります。店によって部位や産地の種類は様々!ここではグルメライターが厳選した、実際に食べて集めたこだわり情報を、写真とともに分かりやすくまとめてみました。
なぜ、日本人はこれほどまでマグロに熱狂し、魅せられてしまうのだろう。その食の歴史から美味しさの秘密、日本人とマグロ、寿司とマグロの関係を紐解いてみた。さらに、マグロの種類や各部位の特徴についても勉強してみよう。
築地場外市場「三宅商店」では一番人気のマグロのほか、活きた毛ガニや車エビ、ブラックタイガーなどの天然ものを購入できる。
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt