MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

ちらし寿司に関するグルメ記事

表示順:
車エビや毛ガニなどの茹で物、穴子やヤリイカなどの煮物、玉子や小肌などの焼き物や〆物…。江戸前の仕事がされたネタが端正に並んだ姿が粋でちょっと惚れ惚れ。
更新: 2019-01-18 12:00:00
ネタとシャリとの一体感こそ、この丼の真骨頂。使用するのは、まったりとしたサーモンに酸味の小肌、歯応えを生むイカやタコなど。
更新: 2019-01-17 18:00:00
色とりどりの華やかな見た目に、まずは食欲をそそられる。たまらず頬張れば、見た目以上の旨さに思わず唸る!
更新: 2019-01-16 18:00:00
駅至近の一等地にありながら、驚異のコスパをたたき出すのが平日昼限定のこの一杯。マグロやホタテ、鯛にアジなど白身や青物、貝類をバランスよくのせている。
更新: 2019-01-15 12:00:00
若き店主・尾嶋さんは、31歳で独立後、名店ひしめく銀座で7年間暖簾を守ってきた。夜は、肴と握りを織り交ぜたおまかせコースのみで、煮る、〆るといった伝統的な仕事に加え、懐石で腕を磨いた経験からくる繊細な和食の技も随所に光る。
更新: 2019-01-13 18:00:00
艶やかかつ豪華にネタが並び、見た瞬間に顔がほころぶこと間違いなしの「創作 生ちらし」。こちらはもともと「お客さんに何か恩返しがしたい」という気持ちから生まれた、おなじみさんへの裏メニューだったそうだ。
更新: 2019-01-12 18:00:00
日本橋『すきやばし次郎日本橋髙島屋店』|「本店のおやじさんから教わったことをやってるだけです」。店主の河端さんは謙虚に語る。
更新: 2019-01-11 12:00:00
なんと心華やぐちらし寿司だろう。寿司飯の上にはさいの目に切った玉子焼きとマグロが散りばめられ、さらにその上を江戸前の仕事を施した小肌や金目鯛など極上の旬のネタが覆い尽くす。
更新: 2019-01-10 18:00:00
あえてきちんとお伝えしたい。これはばらちらしではなく岡山の郷土料理"ばらずし"である。
更新: 2019-01-09 12:00:00
圧倒的なコスパの良さで昼時には行列ができる「鮨 石島」の姉妹店として2016年11月21日にオープン。本店と同じ握り、ばらちらし、おまかせ寿司の3種類のメニューを楽しめるのがうれしい。
更新: 2018-05-28 08:00:00
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt