MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

ジンギスカンに関するグルメ記事

表示順:
ヘルシー志向の昨今。2005年に大流行した羊肉が再び注目されているという。 ダイエットに適した食材ともいわれるものの、羊肉の臭みが苦手という人もいる。だが、心斎橋でオープンしたばかりの『ラム肉家398』は、ジンギスカンで提供する羊肉が生肉。臭みが少なくて、どれだけでも食べれてしまうんや……!
更新: 2019-01-09 16:15:00
池袋「神の羊」はジンギスカン専門店。臭みがなく力強いコクと風味のジンギスカンが堪能できる!使用するのは、冷凍ではなくチルドで輸入された豪州産の上質なラム肉。[住所]東京都豊島区池袋2-58-11[TEL]090-8560-0925
更新: 2018-11-03 09:10:52
函館の地ビール第1号のこちらは昨年で満20年。ビール工場併設でカウンターからテーブル、テラス席まで席数も多い中で地ビールを満喫できる。
更新: 2018-03-14 22:00:00
 肩が触れ合うような狭いカウンター席に、煙がモウモウと立ちこめる店内。この店を訪れる理由はただひとつ、絶品のラムを味わい尽くすためだ。
更新: 2018-02-24 15:48:40
夏っていったらビール。 ビールっていったらビアガーデンだよね。 吉祥寺のビアガーデンは、デパート、ファッションビル、ホテルにあるんだけど……。
更新: 2017-12-20 15:47:53
[羊肉の名門 せきね家]は歌舞伎町にひっそりと佇む路地「思い出の抜け道」の入口で、小さな店舗(失礼!)ながらも、そのインパクトある店の佇まいと、なにより漂ってくる生ラムの香りで、道行く人を立ち止まらせるジンギスカン専門店。
更新: 2018-09-14 09:49:50
「安かろう良かろう」を実現させたエネルギッシュな食堂めし。 ド肝を抜かれるのは、なんといっても看板メニューの「288円定食」。ご飯も味噌汁もおかわり自由な上、生卵も1個サービスで付いてくる。
更新: 2017-12-14 13:50:29
「北海道チューボー」は食券制の気軽な食堂ながら、西山製麺のラーメンからジンギスカンなど、北海道の味覚満載。豊富なアルコールは立ち呑み並の廉価![交]JR東京駅八重洲南口から徒歩1分 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:18
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt