MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

牡蠣に関するグルメ記事

表示順:
グルメライターが新橋の海鮮料理店[白梅(しらうめ)]を実食レポート。新橋でおよそ70年、三代続く瀬戸内料理。季節ごとに直送の海の幸を味わえるが、冬の看板メニューはもちろん「かき土手鍋」。[住所]東京都港区新橋3-9-7[TEL]03-3459-8839
更新: 2018-12-04 16:13:03
[The CAVE DE OYSTER(ザ・カーブ・ド・オイスター)]は「大人のためのオイスターバー」を標榜するスタイリッシュな店。およそ50の産地から、季節により日替わりで5~10の産地の牡蠣を楽しめる。[交通アクセス]はJR山手線ほか東京駅八重洲南口改札口から徒歩5分
更新: 2018-09-11 14:19:25
「日本酒フリーフロー」、こちらの飲み放題の名前だが、2ヶ月単位で入れ替えるというリストを見れば、北海道から沖縄(!)まで、全60種類の日本酒が揃う。日本酒はモダンとクラシック、ライトからフルボディと縦軸・横軸で6タイプに分類されているので、好みをいろいろ試しやすい。
更新: 2018-06-06 18:00:00
グルメ雑誌「おとなの週末」記者のなかでも〝酔っぱライター〟を自負するライター・Iが、祐天寺の「かき小屋 祐天寺」、大森の「牡蠣バル 大森」、築地の「地下の粋」、松陰神社前の「マルショウ アリク」を巡り、本気でのんだくれリポート!
更新: 2019-08-30 16:53:26
実食して厳選した「2016年最旬鍋 大調査!」特集掲載の一品。「おだし専門店 アルス 南青山」の「おだし炊き広島産牡蠣の白味噌チーズ」は、厳選した白味噌の風味とクリームチーズのコクが鼻腔を刺激したのち、旨みあふれるダシがじんわり広がる、まろやかで斬新な味わいの一品。[交]乃木坂駅3番出口から徒歩1分 ※ランチタイム有
更新: 2018-10-07 16:40:40
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt