セイコガニに関するグルメ記事


豪快で贅沢な幻の丼、その名も「開高丼」|ふるさとの宿こばせ(越前町)

豪快で贅沢な幻の丼、その名も「開高丼」|ふるさとの宿こばせ(越前町)

作家・開高健がこよなく愛した冬の味!8杯のセイコガニをのせた豪快で贅沢な幻の丼、その名も「開高丼」!食い道楽でも知られた作家・開高 健。彼が著書『地球はグラスのふちを回る』の中で絶賛している丼がある。福井の温泉宿「こばせ」で提供する、2合のコシヒカリに8杯のセイコガニの身とミソを豪快にのせた、その名も「開高丼」だ。


かに愛知屋|元セリ人の4代目店主が抜群の目利きで仕入れるカニ(カニ料理/黄金町)

かに愛知屋|元セリ人の4代目店主が抜群の目利きで仕入れるカニ(カニ料理/黄金町)

「かに愛知屋」は明治35年創業し戦後、酒屋からカニ料理屋に鞍替えした。タラバガニを看板に、ズワイガニや毛ガニ、ときにはモクズガニやセイコガニを揃え、質や鮮度はもちろん、熟練の板前による丁寧な調理もさすがのひと言。老舗ながら気さくな雰囲気で、軽く一杯からカニ三昧まで思い思いに楽しめる。[交]黄金町駅、阪東橋駅5番出口


ランキング


>>総合人気ランキング