MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

末広町駅に関するグルメ記事

表示順:
西秋葉原『クリエーションジャパニーズフード 81+』|山小屋風の外観が目を引く居酒屋。刺身や竜田揚げ、天ぷらといった和の献立が並ぶなか、ひと際強く存在感を放つのが“藁焼き”だ。
更新: 2018-12-11 18:00:00
御徒町エリアのカフェ「Cafe ASAN」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。商業施設「2k540」の一角にある。Wi-Fiや電源も備わり、パソコンを打つ人も多い。[交通アクセス]地下鉄銀座線末広町2番出口から徒歩3分
更新: 2018-09-24 12:57:33
最近では、パフェを食べに一人で店を訪れる男性も増えているとか。子どもの頃に食べたような、クリームやフルーツがたっぷりのった、愛らしいパフェって気になりませんか?懐かしい気分でいっぱいになりますよ!東京と神奈川でおすすめする昔懐かしノスタルジックパフェを3店ご紹介。
更新: 2018-08-09 18:00:00
末広町エリアにあるそば屋「越後屋」のグルメ記事とメニュー写真のページ。新潟県出身の店主が営む老舗で、東京にへぎそばを紹介した先駆け的存在でもある。香りを生かすため、石臼引きした国産蕎麦粉を使用し、弱火でじっくり練った青森県・尻屋崎周辺で採れる上質な布海苔ををつなぎにして打つ。
更新: 2018-09-22 09:55:48
Fruits de Saison(フルーフ・デゥ・セゾン)|その時期に一番美味しい、“旬のフルーツ”に徹底してこだわる店。店主の星野郷子さんが見事なカットで盛り付けるのは、仲卸をしているご主人が、熟練の目利きと確かな信頼関係で大田市場より厳選してきたフルーツの数々だ。※ランチタイム有
更新: 2018-08-07 16:24:06
「過橋米線(カキョウベイセン)」とは、鶏ガラでダシをとり、鶏の脂を浮かべた熱々のスープに米粉を原料にした麺をくぐらせて食す、中国雲南省でなじみ深い料理のこと。この米の麺を使った焼きそばが常連の間でひそかな人気を呼んでいる。[交]地下鉄銀座線末広町駅4番出口から徒歩1分 ※ランチタイム有
更新: 2018-09-01 15:47:39
「牛かつ かつ宗」が牛かつに使用するのは、アメリカ産のなかでも特に旨みと風味が強いアンガス牛。御膳にはおろしポン酢や塩麹など5種類のタレをはじめ、温泉卵やすりたてのゴマもつく。[交]地下鉄銀座線末広町駅2番出口から徒歩1分 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:14
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt