MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

三ツ星押し寿司に関するグルメ記事

表示順:
にぎりと違い、木型にご飯を詰めて作る、押し寿司。大阪をはじめ、地域の特色を活かしたものが全国各地で作られています。そこで、東京で食べられる押し寿司を覆面調査。自信を持っておすすめできる5品をお届けします。
13847views 東京都 寿司特集
全国各地で美味しいサバを食べている「全さば連」のサバジェンヌこと池田陽子さんが、関東で食べられるサバを中心に至極の鯖寿司5品をセレクト!どれも間違いない逸品です。通販や持ち帰りが可能な商品もあり!
おとなの週末「三ツ星押し寿司」特集掲載商品「青 (あお)」の「炙りエンガワの棒寿司 」。脂のりが良いエンガワは、ほどよく炙られ香り高く身がぷりぷり。シソとあさつきの風味とともにいただくと、至福の味わいだ。漬物もわさびがきいて美味。イートインは1000円で少し小さめ。[交]小田急線 代々木上原駅より徒歩5分
おとなの週末「三ツ星押し寿司」特集掲載商品「双子鮨」の「押し穴子」。ふんわりと仕上げられた穴子は上質なものを使用し、炙ることで香ばしさを加えた人気のひと品。初代大将が仕込むツメは、甘辛く上品な味わい。秘伝の技を堪能できる。[交]北千住駅から徒歩10分 ※ランチタイム有
おとなの週末「三ツ星押し寿司」特集掲載商品「平宗 KITTE丸の内店」の「柿の葉ずし」。柿の葉の香りがかぐわしい寿司は、店内で仕込まれており、シャリがふんわりとしているのも魅力だ。 ※ランチタイム有
四ツ谷にある茶巾ずしと大阪鮓(箱寿司)の専門店。ランチ・テイクアウトもOK。 ※ランチタイム有
おとなの週末「三ツ星押し寿司」特集掲載商品「梅佶」の「うなぎ押し寿司」。うなぎがふんわりとしているのは、オーダー後に生から焼くため。間に挟まれているシソと山ゴボウの香り、シャリに混ぜられたゴマの風味がバランス良く、やみつきになるひと品。[交]東急田園都市線・世田谷線 三軒茶屋駅 徒歩10分 ※ランチタイム有
おとなの週末「ホントに旨い鯖寿司」特集掲載商品、「炭火焼ごっつり」の「銀鯖の棒寿司一本」。こんがり炙った香ばしいサバ、バルサミコ酢を隠し味にした酢飯のバランスが絶妙。ハーフ(620円)もある。店内で食事の場合のみ、テイクアウト可。[交]北千住駅西口徒歩3分
おとなの週末「ホントに旨い鯖寿司」特集掲載商品、「鯖みやま」の「鯖寿司」。世界でも最高の漁場・長崎五島列島西沖で獲れた1キロ以上のサバを使った、“奇跡の鯖寿司”。テイクアウトは昆布を使ったバッテラ風。店内では炙りで提供。塩だけでも旨い。 ※ランチタイム有
おとなの週末「ホントに旨い鯖寿司」特集掲載商品、「味の庄 伯備」の「備中お祭り寿司(鯖の姿寿司)」は特製の甘酢に漬けたサバに、よく揉んだ酢飯をイカめしばりに詰め込んである。脂が多い「頭部」が衝撃の旨さ! 地方発送あり。[交]新見駅から徒歩1分 ※ランチタイム有
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt