ポテトサラダに関するグルメ記事


日本橋だし場はなれ|カツオダシの風味が利いた甘辛ダシ巻き(サンドイッチ/日本橋)

日本橋だし場はなれ|カツオダシの風味が利いた甘辛ダシ巻き(サンドイッチ/日本橋)

 『鰹節専門店にんべん』がダシの旨みを活かした料理を様々なスタイルで提案。「自家製玉子焼きサンド御膳」に使われる厚焼き卵は、カツオダシの水分が残るように強火で焼き上げられており、口にするとじゅわっとダシの風味がしみ出る。


焼鳥 ホップ デュべル|輪郭が立った焼き上がりとベルギービールがマッチ!(焼き鳥/新橋)

焼鳥 ホップ デュべル|輪郭が立った焼き上がりとベルギービールがマッチ!(焼き鳥/新橋)

 新橋の路地裏。カウンターでネクタイを緩めたら、ぴっと輪郭の立った焼鳥、一串ひと串に「おっ」と感動しつつ、旨いビールも味わう。


ありそうで無かった新感覚の串揚げに驚き&拍手喝采!|大阪串かつ専門 てん家わん屋(串揚げ/大久保)

ありそうで無かった新感覚の串揚げに驚き&拍手喝采!|大阪串かつ専門 てん家わん屋(串揚げ/大久保)

 新鮮な魚介や旬の野菜など、上質な素材を使った串は基本的にどれも108円と超リーズナブル。定番串の合間にぜひ注文したいのが、店主が考案した変わり串だ。


表参道で“焼きとんデート”ならココ!「やきとん ざぶ」(串焼き/表参道)

表参道で“焼きとんデート”ならココ!「やきとん ざぶ」(串焼き/表参道)

バーのようなカウンターが目を引くインテリア。一歩入れば「ここで焼きとん?」と意外な驚きに心躍らされるに違いない。


京都出張メシは「太郎屋」で決まり!京都の家庭の味を路地の奥にある隠れ家的町家で

京都出張メシは「太郎屋」で決まり!京都の家庭の味を路地の奥にある隠れ家的町家で

店主の杉本雪枝さんが、嫁ぎ先の姑に習った京都の家庭の味を、娘さんと一緒に四条烏丸の路地奥の町家で提供。甘辛味にこっくり炊いた「にしんと茄子の炊いたん」や、ダシをきかせた「小松菜とおあげの炊いたん」、玉ねぎをたっぷりのせた「鯵の南蛮漬け」は、カウンターにいつでも並ぶ定番品。


迫力も満点!揚げたポテトと厚切りベーコン|夕(セキ)(居酒屋/三軒茶屋)

迫力も満点!揚げたポテトと厚切りベーコン|夕(セキ)(居酒屋/三軒茶屋)

ザクッとしたサイズでこんがり揚げられたポテトと、厚切りの炒めベーコンがメイン。熱々のうちに、スライスした玉ねぎと、ふんだんな粉チーズ、ブラックペッパー、粒マスタード入りのマヨネーズで和えられる。


じゃがと金時ダブル使いのポテサラ。食感も楽しい!|花とら(居酒屋/代々木)

じゃがと金時ダブル使いのポテサラ。食感も楽しい!|花とら(居酒屋/代々木)

「普通じゃつまらないし、ぼそぼそしたポテサラは嫌いなので」と店主の髙橋さんが言うポテサラは、なるほどしっとりかつ、ちょっとクリーミーな食感。“いも芋”の名前は、北あかりと鳴門金時(さつまいも)が使われているからで、少し固体感の残った北あかりのほっくり感と鳴門金時の甘みがクロスするのも楽しい。


吟吟(居酒屋/大森)|閉じ込められた魚介の旨みが半端なし!

吟吟(居酒屋/大森)|閉じ込められた魚介の旨みが半端なし!

山口県宇部から毎日空輸される新鮮な地魚と、どれを飲んでも480円という厳選された日本酒が魅力のこちら。その人気メニューのひとつ「本日の情熱コロッケ」にも、ならではの旨さの秘密が隠されている。


レトロ喫茶めぐり「珈琲 タイムス」|(珈琲店/新宿)

レトロ喫茶めぐり「珈琲 タイムス」|(珈琲店/新宿)

おとなの週末「中央線レトロ喫茶めぐり」特集掲載店舗。パンのセットにつくポテトサラダは自家製で、ぽくぽくしたお芋とマヨネーズの酸味が絶妙。


魚串さくらさく |旨さ溢れる魚串とワインに悶絶必至!(魚介/神楽坂)

魚串さくらさく |旨さ溢れる魚串とワインに悶絶必至!(魚介/神楽坂)

串ものといえば、まずは肉を連想するが、ここは看板のとおり魚介類をひと口サイズで楽ませる店。築地で仕入れた新鮮な魚介を、店でひと串一串、丁寧に打って提供している。


だんだんの「ポテサラ」|熟成されたイモの旨さをがっつり頬張る(居酒屋/不動前)

だんだんの「ポテサラ」|熟成されたイモの旨さをがっつり頬張る(居酒屋/不動前)

ポテトサラダに使用するジャガイモは“雪むろ”で熟成させた北海道産キタアカリ。雪を詰めた貯蔵庫で1~2年保管することで、イモの甘みと粘りがぐっと増すという。


おじんじょの「ポテサラ」|カレー味のコリコリ沢庵が味と食感のアクセント(居酒屋/恵比寿)

おじんじょの「ポテサラ」|カレー味のコリコリ沢庵が味と食感のアクセント(居酒屋/恵比寿)

界隈の食通が集う、恵比寿の隠れ家風居酒屋。自慢のポテサラは、カレーの風味をまとわせた沢庵が味の要だ。


サンダーバードの「ポテサラ」(居酒屋/池袋)|鶏料理専門店ならではの燻製チキンが決め手

サンダーバードの「ポテサラ」(居酒屋/池袋)|鶏料理専門店ならではの燻製チキンが決め手

ちょこんと控えめな風貌ながら、口に入れると、自家燻製した鶏むね肉の旨みがじんわりするポテトサラダ。ジャガイモには滑らかさを出す生クリーム、そして隠し味に自家製の広島産レモンジャムを使う。


名店のレアな一皿!メニューにあればラッキー!|栃木屋の「ポテサラ」(居酒屋/中目黒)

名店のレアな一皿!メニューにあればラッキー!|栃木屋の「ポテサラ」(居酒屋/中目黒)

適度につぶしたイモにキュウリやニンジンを加え、マヨネーズで味付けしたシンプル系のポテトサラダ。一見すると“超普通”だが、すべてのバランスが絶妙で、「原点にして頂点」と通い詰めるファンも多い。


なかめのてっぺんの「ポテサラ」(居酒屋/渋谷)|燻製サバのスモーキーな香りに誘われて

なかめのてっぺんの「ポテサラ」(居酒屋/渋谷)|燻製サバのスモーキーな香りに誘われて

ポテトサラダをひと口食べれば、鼻腔をふわりと抜けるスモーキーな香り……その正体はほぐした燻製サバの干物。上に鎮座する半熟玉子を崩して混ぜ合わせれば、黄身のまろやかさ、サバの塩分と旨みが渾然一体に。


GEM by motoの「ポテサラ」|揚げたてホクホクのポテサラを極上の日本酒と供に(日本酒バー/恵比寿)

GEM by motoの「ポテサラ」|揚げたてホクホクのポテサラを極上の日本酒と供に(日本酒バー/恵比寿)

口に入れて「温かい!」と驚くこのポテサラは、注文後に油で揚げる皮付きのイモをクリームチーズで和えたもの。イモの甘みを生かすため、塩気はほぼ生ハムのみ。


竜馬の「ポテサラ」(居酒屋/新橋)|ドーンとそびえ立つコンビーフの山!運命的な出会いに乾杯

竜馬の「ポテサラ」(居酒屋/新橋)|ドーンとそびえ立つコンビーフの山!運命的な出会いに乾杯

まず目を奪われるのは、ドーンとそびえ立つコンビーフの山!立ち飲み 竜馬は新橋駅烏森口から徒歩4分。


銀座で驚異のコスパと品揃え|立呑み晩杯屋(居酒屋/銀座)

銀座で驚異のコスパと品揃え|立呑み晩杯屋(居酒屋/銀座)

ドリンクは250円からつまみは110円からと驚愕の低価格で、酒と肴をリーズナブルに楽しめる店として人気の『晩杯屋』。銀座店では、酒は全部で約40種、下町ハイボール系も豊富に取り揃えている。


しんの「ポテサラ」|名前はちくわでも、穴の中にはポテサラです(居酒屋/恵比寿)

しんの「ポテサラ」|名前はちくわでも、穴の中にはポテサラです(居酒屋/恵比寿)

熊本の美味を中心とした料理を提供する店のポテサラはなんと、ちくわに挟み込んで揚げるというもの。衣のサクサク感とポテトサラダの滑らかな歯応えの妙を楽しんで。 ※ランチタイム有


ポテサラ界の異端児!衣で揚げても旨かった!|水炊き 駿の「ポテサラ」(鶏料理/新橋)

ポテサラ界の異端児!衣で揚げても旨かった!|水炊き 駿の「ポテサラ」(鶏料理/新橋)

ハムで男爵イモの王道ポテサラを挟んで揚げた名物のハムカツポテトサラダサンド。注文を受けてから形成し、衣はサクサク。 ※ランチタイム有


ランキング


>>総合人気ランキング