MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

天ぷらに関するグルメ記事

表示順:
私の“ランチで出してもいい金額の設定”が、最初から1800円オーバーのジャンルがあります。それはズバリ、天ぷら定食だ!  安い天ぷら定食を食して、過去何度もやりきれない思いになったため、天ぷら定食の場合は、1500円オーバーも厭わないことに……。
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
4172views 名古屋めし
名古屋・清水の『天ぷら かき揚げ 光村』。10尾分の海老を使ったボリューム満点の「かき揚げ丼」が有名な天ぷらの名店に、別棟がオープン。 その名も『光村 HANARE』。趣のある母屋とは一線を画した、モノトーンを基調としたスタイリッシュなお店だ。
3182views 名古屋めし
目の前で揚げる本格天ぷら、そして手の込んだ和食、その両方が同時に楽しめるバル……気になるでしょ?その注目の一軒がココ。
瞬彩 真(日本料理/根津)|根津にまたひとつ、魅力的な和食店が誕生した。いい店の条件は人それぞれだけど、言うなればここは店主の誠実さがどの料理にも感じられることだろう。
川むら(そば/谷中)|日暮里駅から谷中ぎんざへの道中にあるのが、明治創業の同店だ。ここの蕎麦の味を知れば素通りはまず不可能。
路地に佇む店構えから、一見はちと怯むが入ってみれば大正解。何と言っても根津で生まれ育った人情あふれる店主の料理がいい。
大正7年創業の老舗『ひさご』が、土・日のランチのみ1日10食限定で提供している迫力満点の天丼。旬の野菜と築地で仕入れる新鮮な魚介を惜しみなく使う太っ腹さ、食後感を軽やかにと揚げ油にサラダ油を使用する気配り……老舗ならではの味わいで、これが絶品なのだ。
丸の内、東京駅周辺でランチの狙い目は、平日限定10食の大海老天重。66年前の創業時から継ぎ足して作られているというタレが格別なのだ。「菊亭」の[交通アクセス]はJR山手線ほか東京駅丸の内南口から徒歩4分、地下鉄丸ノ内線ほか東京駅からKITTE経由で地下直結
「京おばんざい 豆まる」の「はんなり御膳」はおばんざいをはじめ、天ぷら、刺身などが9つの枡に美しく並び、どれから食べようか迷ってしまう。滋賀県近江八幡の水くぐり豆で作られた生湯葉は、濃厚でとろとろ。京おばんざい 豆まるの[交通アクセス]はJR東京駅丸の内南口・有楽町駅国際フォーラム口から徒歩5分
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt