MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

天ぷらに関するグルメ記事

表示順:
 風情漂う前庭に上品な土壁、存在感を醸す長さ8mの赤松の一枚板カウンター……。ここは和モダンな雰囲気の中、洗練の和食が味わえる懐石料理店「東麻布 不風流 (ブフウリュウ) 」だ。
更新: 2018-09-26 17:26:27
 新潟を代表する銘酒「久保田」の蔵元が手がける割烹。新潟の食材を中心にした料理の数々は見目麗しく盛り付けられ、日本酒との相性も抜群。
更新: 2019-04-06 10:53:18
「ひよく亭」は元力士の先代が新橋で創業し、日本橋に移って約30年。現在は京都の日本料理店で修業した2代目が切り盛りしている。
更新: 2018-04-16 15:27:18
渾身の蕎麦を味わって欲しいからと、一般的な蕎麦店では定番の丼モノを置かないのが店主の信条。それでも仕事の合間にやってくるお客の胃袋を満たしてあげたいと、約15年前の創業時から平日限定でランチメニューに載せているのがこの“定食”だ。
更新: 2018-04-13 07:00:00
おとなの週末で人気連載の呼び声高い、東西うまいもの対決風コラム『[東]マッキー牧元 ×[西]門上武司の往復書簡』。待ってましたの春到来。いよいよ全国的に桜も咲き、気分もウキウキ、いい季節ですなぁ。そんな芽吹きを寿ぐ今号は、春の生命力をしかと感じる野菜の天ぷらで、東西の美味を語っていただきます。
更新: 2018-04-12 14:46:40
人形町の下町うまいもんグルメ散歩特集店舗!「天ぷら食って蕎麦で〆る」。このコンセプトを掲げて静岡県島田市の名店が人形町に移転。
更新: 2019-06-26 15:03:56
[もつやき ばん]のグルメ記事と写真のページ。レモンサワー初心者におすすめしたい“発祥の店”である。60年代、そのスタイルとネーミングはこの店がまだ中目黒にあったときに確立した。[交通アクセス]東急東横線祐天寺駅東口から徒歩6分
更新: 2018-09-17 11:36:43
いまどきテンプラは"バル"が気分♪ "TEMPURABAR"ホッピング! 天ぷらでバル!? でも天ぷらは、江戸の屋台料理のひとつゆえ、むしろ元祖バル。しかも近頃、恵比寿にじわじわ増殖中ということで、ハシゴ天ぷら開始です!定番も変わりダネもサクッと気楽に!
更新: 2018-03-23 16:20:01
東京都内の天ぷら店をグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめ店。気軽に「天ぷら」に行けたら、うれしいですよね。今回は、一つひとつ丁寧に目の前で揚げてくれ、なおかつ懐に優しい店を中心に美味でお値うちな東京都内の天ぷら店を6店ご紹介。
更新: 2019-05-23 16:19:00
日本橋エリアにあるそば屋「京都鴨そば専門店 浹(あまね)」のグルメ記事とメニュー写真のページ。京都の味をすする!関西のつゆに着目して作り上げたのがこの1杯。基本となるのは、漁師を指定して仕入れる羅臼昆布や真昆布だ。[交通アクセス]地下鉄銀座線ほか三越前駅A6出口から徒歩5分
更新: 2018-09-22 09:50:12
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt