MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

食とウイスキーで「食欲の秋」を満喫しよう!に関するグルメ記事

表示順:
牧場を経営する食品会社が母体だけあって、高品質な豚肉をリーズナブルに楽しめる店。ここで味わうべきは、50種以上の野菜や果物から作られる大高酵素を食べて育った、なでしこポーク。クラフトマンズ キッチン (CRAFTMAN'S KITCHEN)[交]JR・地下鉄銀座線神田駅北口から徒歩1分 ※ランチタイム有
更新: 2019-09-24 11:36:18
「吟ばん」店主の川上浩輝さんは言う「和酒のひとつであるジャパニーズウイスキーが、和の料理と合わないわけがないんです」。日本のウイスキーと和食との組み合わせに力を入れてきた。
更新: 2018-04-17 16:28:52
「和酒BAR風雅」は狭い袋小路の、さらにそのまた奥の細い通路を入ると玄関にたどり着く古民家バー。そう簡単には見つけられそうもない、隠れ家めいたこの場所はお忍び感もたっぷり。古民家を改装したフロアには神楽坂らしい艶っぽさが漂うが、実は硬派なウイスキー好きにもおすすめしたい和酒バーだ。
更新: 2018-06-06 17:56:57
「ケージュレップ」は六本木のなかでも比較的落ちついたエリアのビルの2階にある。旬の果物を使ったカクテルや世界各地のワインなど、アルコールの豊富さもさることながら、常連客の心を掴んで離さないのが満足度の高い肉料理の数々だ。
更新: 2018-04-17 16:42:14
「バー Bee(ビー)」ではオーセンティックなバーでありながら本格中華のメニューが食べられる。都内広しといえどもここだけかもしれない。オーナーバーテンダーの山田隆之さんは、中華料理店で修業を積んだ料理人でもあるのだ。
更新: 2018-04-17 16:47:14
「シュングルマン」は「肉好きの、肉好きによる、肉好きのための店」として、牛、豚、鶏、羊、ジビエ、シャルキュトリーなど、様々な肉料理を堪能させてくれる。
更新: 2018-04-17 16:38:38
「ラムグリル十番 コージーテーブル」は生後6ヶ月未満の仔羊に、栄養価の高い春先の牧草を1ヶ月食べさせ、4週間熟成させた"WAKANUI スプリングラム"は、肉質がしっとりと繊細で、ほんのりピンク色。そのローストをはじめ、世界各国のラム肉料理を味わえる一軒だ。
更新: 2018-06-15 16:05:22
燻製には温、熱、冷の3つの手法がある。こちらでは素材の持ち味を生かす冷燻にこだわっている。モットーは「燻製で素材をより美味しくすること」。 自慢の燻製料理と合わせるのはシングルモルトだ。
更新: 2017-12-20 15:48:17
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt