MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

中華料理に関するグルメ記事

表示順:
心憎いお店がまたミナミの、それもスナックビルの地下にオープンした。 5月15日に開店したばかりの立ち呑みスタイルの中華バル「スタンド呑竜」だ。 このバル、値段は手ごろで、さらに料理も一級品……。
更新: 2019-10-08 16:00:00
北新地の南端にある高級中華『海皇OSAKA堂島店』はその昔、テレビCMをバンバン流していた。 梅田にあるANAクラウンホテル前といえば、わかりやすいかもしれない。 とはいえ『海皇』といえば「高級」というイメージ。 それが実は、ランチを安く食べられるのをご存じか……?
更新: 2019-06-28 16:00:00
中華屋に行くと、反射的にレバニラ炒めを頼むおっさん女子とは、私のことですが、今回は、レバニラなどという庶民的なメニューがない、中華料理のお店を紹介しようと思います……。 いわゆる「本格中華」という感じの店、ですね!
更新: 2019-05-03 10:30:00
愛知県安城市のJR三河安城駅前にある創業57年の『中国料理 北京本店』。 連載28回目で紹介した、この店の店主、杉浦充俊さんから、6月某日、「面白いモノを作ったので、ぜひ来てください」との連絡があったのだ。 ニューバージョンの北京飯でも作ったのだろうか? そんなことを考えながら店へと向かった……。
更新: 2018-07-24 08:15:00
旨い中華料理店を見分けるには、チャーハンが美味しいことを挙げる方が多いと思う。たしかにそれも一理あるが、私の場合は、酢豚である。 そんなわけで、これまでいろんな店で酢豚を食べてきた。そして、見つけてしまったのである。私の中で確実にベスト3にランクインする中華の名店を……!
更新: 2018-06-15 08:10:00
ホテルのクラスを考慮するとコスパ抜群のランチセットは、4種類から選べるメインと小菜から成り、食材の旬に合わせて半月毎に内容が替わる。麻婆豆腐のみ常時提供で、日本における四川料理の父といわれる陳建民氏の愛弟子だった初代料理長から引き継いだ、伝統の味だ。
更新: 2018-05-18 16:28:01
「クレイジー餃子」は2017年3月に金町にオープンした満州族の料理を提供する中華料理店。余分な油を使わず、素材の持ち味を引き出すことを重視した、やさしめの味付けが特徴だ。店名の「クレイジー餃子」は、豚肉ベースの餡にエビ1尾丸ごととアスパラを入れた羽根付き餃子にナチュラルチーズをのせて炙った傑作。
更新: 2019-06-17 11:46:04
久々に心底惚れた中華麺の店「中華麺酒房 すずらん」。少々値は張るが他に類を見ない価値ある味だからぜひ試して!旨さの余韻が後まで続く!徹底したこだわりに脱帽です。
更新: 2018-02-23 09:43:02
表参道の中華店「中華風家庭料理 ふーみん」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。8坪の小さな店から始まり、この場所に移って30年以上。いつ行ってもバシッと味が決まっていて、なおかつ健康に良さそうな滋味深い料理を食べさせてくれるのが『ふーみん』だ。
更新: 2019-06-05 11:33:41
ここで野菜の煮物や魚の煮付けといった、家庭的な料理にもワインはピッタリ。ここでは、そんな中華や焼きとん、さらにはたこ焼きや餃子まで、カジュアルワインが楽しめる東京都内おすすめ三ツ星店を紹介です。
更新: 2017-11-09 18:00:00
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt