コーヒーに関するグルメ記事


千住宿 珈琲物語|器と香りを楽しむ大人のコーヒー空間(珈琲店/北千住)

千住宿 珈琲物語|器と香りを楽しむ大人のコーヒー空間(珈琲店/北千住)

 店内で生豆から自家焙煎した珈琲豆を使い、まろやかで贅沢な香りのコーヒーが味わえる。大正ロマン風の内装にカップや食器もマッチ。


オンリー(喫茶店/南千住)|昭和の空気がそのまんま!時間が止まった純喫茶

オンリー(喫茶店/南千住)|昭和の空気がそのまんま!時間が止まった純喫茶

 看板キャッチコピーは「魔性の味」。昭和45年(1970)創業で、手書きフォントの店名が印刷されたカップやお皿も当時のまま。


手作りでボリューム満点だから舌も胃袋も大満足!|カフェモカ(パスタ・ピザ/板橋)

手作りでボリューム満点だから舌も胃袋も大満足!|カフェモカ(パスタ・ピザ/板橋)

 いわゆる喫茶店のスパゲッティだが、その辺のチェーン店と一緒にしてもらっちゃ困る。困る理由その一。


何十年も変わらぬ誠実な味のサンドイッチ|ワンモア(喫茶店/平井)

何十年も変わらぬ誠実な味のサンドイッチ|ワンモア(喫茶店/平井)

 直木賞作家の常盤新平さんをはじめ、数々の文化人に愛されてきた『ワンモア』。銅板で焼くホットケーキが有名だが、実はサンドイッチにもファンが多い。


ジャズ オリンパス!|ジャズの音に揺られながら名物カレーを(喫茶店/小川町)

ジャズ オリンパス!|ジャズの音に揺られながら名物カレーを(喫茶店/小川町)

 店の奥に鎮座するのはJBLのスピーカー「Olympus」。50年以上前の名器から鳴り響く、ジャズの心地良い音がこの店の主役である。


蔦珈琲店(珈琲店/表参道)|心地いい空間でいつもそこにあるサントスNo2を

蔦珈琲店(珈琲店/表参道)|心地いい空間でいつもそこにあるサントスNo2を

「蔦珈琲店」にはいつも変わらない一杯があり、身を落ち着けられる空間がある。その価値をしみじみ教えてくれるような店だ。1988年の開店以来、毎日自家焙煎され、手縫いのネルでドリップされるコーヒーは、ブラジルサントスNo.2。


ここだけでしか食べられない老舗喫茶の名物|ロッジ赤石(喫茶店/浅草)

ここだけでしか食べられない老舗喫茶の名物|ロッジ赤石(喫茶店/浅草)

 『ロッジ赤石』は浅草のオアシスである。小さな厨房で2代目の小沢康純さんが腕を振るうメニューは、サンドイッチ類から洋食、丼と幅広い。


トロワ シャンブル(珈琲店/下北沢)|「ニレ」と「カゼ」2種類のブレンドを味わいたい

トロワ シャンブル(珈琲店/下北沢)|「ニレ」と「カゼ」2種類のブレンドを味わいたい

「おすすめはこちら」というブレンドには、「カゼ」と「ニレ」の2種類がある。「ニレ」はオールドビーンズを使った深煎りでやや苦め、「カゼ」は煎りがちょっと浅め。


コーヒーロッジ ダンテ(珈琲店/西荻窪)|クリアで深い、サイフォンならではの味わい

コーヒーロッジ ダンテ(珈琲店/西荻窪)|クリアで深い、サイフォンならではの味わい

 ポコポコと音を立て、いい香りのするサイフォンを前に、カウンターでマスターと世間話をするもよし。ロッジ風の椅子席でひとり読書もまたよし。


ToshiYoroizuka TOKYO|鎧塚氏こだわりの逸品と共に贅沢な休息時間を(カフェ/京橋)

ToshiYoroizuka TOKYO|鎧塚氏こだわりの逸品と共に贅沢な休息時間を(カフェ/京橋)

 国内屈指のパティスリーとして名高い「トシ・ヨロイヅカ」の都内最大の旗艦店。1階のショップ&カフェスペースで軽食やケーキを、2階のサロンでは、目の前で仕上げられるカウンターデザートを楽しめる。


喫茶 ゆうらく|指定席を決めて喫茶店飯を楽しみたくなる(喫茶店/浅草橋)

喫茶 ゆうらく|指定席を決めて喫茶店飯を楽しみたくなる(喫茶店/浅草橋)

 こちらの店は先々代の頃は旅館で、屋号をそのままに1974年、純喫茶として開店。レギュラーメニューはもとより、朝一番のモーニングメニュー、ランチサービスなど、ともかくメニュー豊富でリーズナブル。


レトロ喫茶めぐり「物豆奇」|(珈琲店/西荻窪)

レトロ喫茶めぐり「物豆奇」|(珈琲店/西荻窪)

おとなの週末「中央線レトロ喫茶めぐり」特集掲載店舗。おすすめは「ソーダフロート」。運ばれてうっとり、ザクロシロップを使ったグレナデンソーダのピンク色に浮かぶ真っ白なアイス……。昭和50年から続くアンティークな内装の中で味わうと、さらに格別。


レトロ喫茶めぐり「ペペルモコ」|(珈琲店/高円寺)

レトロ喫茶めぐり「ペペルモコ」|(珈琲店/高円寺)

おとなの週末「中央線レトロ喫茶めぐり」特集掲載店舗。ぺペルモコ』はカウンターのみのお店で、笑顔が優しいママが約37年前からひとりで切り盛り


レトロ喫茶めぐり「名曲喫茶 ヴィオロン」|(珈琲店/阿佐ヶ谷)

レトロ喫茶めぐり「名曲喫茶 ヴィオロン」|(珈琲店/阿佐ヶ谷)

おとなの週末「中央線レトロ喫茶めぐり」特集掲載店舗。そして『名曲喫茶ヴィオロン』は、昭和55年から質の高いSP/LPレコードの音を伝え続ける希少な店。真空管アンプから伝わるクラシックは柔らかで、耳が疲れない。


レトロ喫茶めぐり「珈琲 タイムス」|(珈琲店/新宿)

レトロ喫茶めぐり「珈琲 タイムス」|(珈琲店/新宿)

おとなの週末「中央線レトロ喫茶めぐり」特集掲載店舗。パンのセットにつくポテトサラダは自家製で、ぽくぽくしたお芋とマヨネーズの酸味が絶妙。


レトロ喫茶めぐり「珈琲専門店 エース」|(珈琲店/神田)

レトロ喫茶めぐり「珈琲専門店 エース」|(珈琲店/神田)

おとなの週末「中央線レトロ喫茶めぐり」特集掲載店舗。昭和46年創業の神田『エース』はデジタル化した現代とは一線を画すほっこり空間。


絶品たい焼きは時間をかけて作った自家製の餡と薄パリ皮|浅草浪花家(たい焼き/浅草)

絶品たい焼きは時間をかけて作った自家製の餡と薄パリ皮|浅草浪花家(たい焼き/浅草)

店主の安田亮介さんは、麻布十番の「浪花家総本店」で5年間修業。自慢は本店ゆずりの餡。 ※ランチタイム有


恵比寿の人気店『猿田彦珈琲』が焙煎|STANDBY TOKYO(珈琲店/東京駅)

恵比寿の人気店『猿田彦珈琲』が焙煎|STANDBY TOKYO(珈琲店/東京駅)

トラベル雑貨やオリジナル土産と共にコーヒーを販売。恵比寿の人気店『猿田彦珈琲』が焙煎したオリジナルブレンドの香りが店外まで漂ってくる。※ランチタイム有


DEAN & DELUCA(珈琲店/東京駅)|食のセレクトショップ併設のエスプレッソバー。

DEAN & DELUCA(珈琲店/東京駅)|食のセレクトショップ併設のエスプレッソバー。

食のセレクトショップ『DEAN & DELUCA』併設のエスプレッソバー。ブレンドひとつとっても、まろやかなものとコクのあるものと、ふたつの味わいから選べる。※ランチタイム有


バターで仕上げる風味豊かな小ぶりどら焼き|まほろ堂 蒼月(どら焼き/宮の坂)

バターで仕上げる風味豊かな小ぶりどら焼き|まほろ堂 蒼月(どら焼き/宮の坂)

ちょうど小腹が満たされる小さめサイズ。風味豊かな皮の秘密は、バターを使って焼き上げるため。 ※ランチタイム有


ランキング


>>総合人気ランキング