MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

三ツ星カニ料理和食編に関するグルメ記事

表示順:
作家・開高健がこよなく愛した冬の味!8杯のセイコガニをのせた豪快で贅沢な幻の丼、その名も「開高丼」!食い道楽でも知られた作家・開高 健。彼が著書『地球はグラスのふちを回る』の中で絶賛している丼がある。福井の温泉宿「こばせ」で提供する、2合のコシヒカリに8杯のセイコガニの身とミソを豪快にのせた、その名も「開高丼」だ。
更新: 2017-12-20 15:48:16
「三ツ星カニ料理 和食編」特集掲載店。元力士・鈴木正治さんが経営するちゃんこ鍋店「ちゃんこ芝松 緑が丘本店」で、鍋と並んで絶大な人気を集めるのがカニクリームコロッケだ。[交]東急大井町線緑が丘駅から徒歩1分
更新: 2017-12-20 15:48:17
「三ツ星カニ料理 和食編」特集掲載店の外苑前「かに漁師の家」はカナダやアラスカ産の上質なカニを使用しつつも、手頃な価格で味わえると評判の店。和洋中にとらわれず素材の味を引き出した創作料理も種類豊富に揃っている。[交]地下鉄銀座線外苑前駅3番出口から徒歩1分 ※ランチタイム有
更新: 2017-11-22 09:34:38
「かに愛知屋」は明治35年創業し戦後、酒屋からカニ料理屋に鞍替えした。タラバガニを看板に、ズワイガニや毛ガニ、ときにはモクズガニやセイコガニを揃え、質や鮮度はもちろん、熟練の板前による丁寧な調理もさすがのひと言。老舗ながら気さくな雰囲気で、軽く一杯からカニ三昧まで思い思いに楽しめる。[交]黄金町駅、阪東橋駅5番出口
更新: 2017-09-13 14:18:41
和食で長年研鑽を積んだ「日本橋 かに福」の料理長が作り出すのは、カニをふんだんに使用した、上品な味わいの料理の数々。名物の「御かにめし」は、ズワイガニの繊細な甘みと風味を存分に楽しめる。[交]地下鉄東西線ほか日本橋駅A4出口から徒歩3分 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:17
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt