MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

カニに関するグルメ記事

表示順:
東京都と神奈川県を中心に、美味しいカニ料理が食べられるお店をグルメライターが厳選してご紹介します!生でも焼いても茹でても炒めても美味しい。濃厚なミソもクセになる。見た目も華やかで味も抜群の「カニ」に特化したとっておきの情報をお届けします♪
新元号が「令和」に決まり、新しい時代が始まる。 名古屋市瑞穂区にある『ひつまぶし う家 八事本店』では、天皇陛下の御即位を奉祝する特別な献立を用意したという。その名も、御即位奉祝徳会席「令和」。値段は7020円とやや値が張るものの、こんな機会は滅多にない。今回はその全貌を明らかにしようと思う。
池尻大橋エリアの和食店「池尻本店 おわん」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。
「宮わき」は京料理を基本とした割烹。1合炊きの羽釜を使った炊き込みご飯は、新潟県魚沼市の契約農家から、直送の際に精米してもらうコシヒカリを使用している。
おとなの週末「中華街の「エビ・カニ」大調査」特集掲載店舗。一番人気は、ニンニクを効かせたソースで渡りガニを炒めた「渡り蟹の炒め」。
おとなの週末「今夜、銀座のバーで……」特集掲載店舗。立ち呑みには簡単なつまみがつきものという固定概念を打ち砕く立ち呑み割烹。「ミシュランガイド東京2015」のビブグルマン部門に選出された
日本人の大好きな2大甲殻類、エビ、そしてカニ! ここでは取材記事では書けない裏側やガチンコ覆面調査の様子も、ぶっちゃけトークでしゃべります。
グルメ好きであれば、寒い季節になると「上海蟹が食べたい!」と思う人は多いのではないでしょうか?中華料理の代表である上海蟹は、味噌を含め、さまざまな料理で味わうことができます。上海蟹が東京で楽しめるおすすめのお店を紹介します。
破格の値下げは年末の風物詩のアメ横。JR上野~御徒町駅間の高架下付近に鮮魚、物販、飲食などの店が連なるスポット。威勢のいい掛け声と値引きが名物で、特に年末は正月食品などを買い求める人たちでごった返す。交渉で半値も当たり前対面での値切りが魅力。アメ横でおすすめするエビ・カニが旨いお店をご紹介!
世界に誇る食の都は種類も豊富な築地場外市場。 日本中の美味が集まる日本最大の市場に隣接し、一般客が購入できるエリア。実に多くの食材が手に入る。何件もハシゴをして目利き気分で買い物を! 築地場外市場でおすすめするエビ・カニが旨いお店をご紹介!
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt