MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

食堂に関するグルメ記事

表示順:
食料自給率の高い官僚のエネルギー源で午後へのチャージ!平日のランチタイムのみ一般開放されている農林水産省内の食堂に、幻のメニューあり! それが写真の「イワシ鯨ステーキ膳」なのだ。
 JICAといえば「独立行政法人国際協力機構」。この団体の研究・市民参加施設「JICA市ヶ谷ビル」の食堂が、なにしろ様々な国の方が利用することから様々な国の本格的な料理が食べられると聞き、すっ飛んでった!!
吉祥寺って、おっさんに冷たい街だと思う。おシャンティから、ナチュラル、ファンシー、意識高い系まで、若い娘さん向けの飲食店は、そのニーズに合わせて多種多様&あの手この手。でも、おっさんがおっさんらしく普通にご飯が食べられる店って、吉祥寺にはあまりないんだよね……。
「つるかめ食堂」は繁華街のド真ん中に店を構えて60年。歌舞伎町で働く人はもとより、映画や観劇、買い物に訪れれたのべ100万人以上(小誌推定)の人々の胃袋を満足させ続ける、知らなきゃもぐりとまで言われる名物食堂だ。※ランチタイム有
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt