MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

親子丼に関するグルメ記事

表示順:
以前にも触れたが、2018年9月、私は台湾・台北へ行ってきた。 そのとき、台北駅構内の飲食店街で大行列を作っていたのが『鶏三和 微風台北駅店』。台湾の人たちが、とろとろ・ふわふわ食感の親子丼を美味しそうに食べていたのを今でも覚えている……。
更新: 2019-02-27 16:05:00
店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。
更新: 2019-02-17 12:00:00
東京都内の「親子丼」をグルメライターが食べて見つけた絶品店!鶏肉と卵。この素晴らしき共演をご飯が受け止める親子丼が、この世にあることのうれしさよ。親しみやすくシンプルながら、丼ひとつに詰めこまれた店のこだわりは千差万別。プロの技をとことん感じる親子丼の世界へいざ!撮影/小澤晶子、大西尚明(泰然、文鳥) 取材/肥田木奈々
更新: 2019-04-05 11:36:06
本当に美味しい店を紹介するために、覆面取材という手法でリサーチをする『おとなの週末』。これまで私も数多くの店に足を運んだのだが、丼もの特集において、不動の上位にランクインする店がある。 名古屋駅のJRセントラルタワーズ13階にある『とり五鐵』がそれだ。
更新: 2018-08-15 08:15:00
東京駅周辺エリア「八重洲」をグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめ焼鳥店。焼鳥本田は路地裏に名店ありとはよく言うが、この店がまさにそう。メニューは焼鳥のおまかせコース1本のみ。
更新: 2018-12-03 14:39:27
東京・人形町にある親子丼発祥の店『玉ひで』。 お昼時は、親子丼を求める客が長蛇の列をつくることも有名だ。そんな『玉ひで』の味、しかも、どこにもない新たな親子丼が名古屋で楽しめるのをご存じだろうか?
更新: 2018-06-01 08:45:11
期せずして、脇を固めていた一品が人気メニューになることがある。銀座4丁目の人気焼き鳥店『ばぁーどはうす○勝(まるかつ)』が、ランチや夜の〆で提供していた親子丼がそれだ。
更新: 2018-04-17 07:00:00
広尾エリアの焼き鳥店「七鳥目」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。完全無薬飼料で長期間大切に育てられた兵庫県の松風地鶏をはじめ、柔らかな肉質の千葉県の水郷赤鶏、国産フランスうずらの卵、エル・フランスなど、こだわりの食材で作る焼鳥が評判の店。メニューは5800円のコースのみ。
更新: 2018-09-29 09:08:49
かつてお茶屋だった建物は、網代の腰壁などいたるところに普請道楽の片鱗が。こちらのうどんは、カツオやイワシなど数種の節でとった深みのあるダシに、やわらかな麺がしっかり絡むタイプ。権兵衛(うどん/祇園)
更新: 2018-02-20 08:00:00
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt