MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

タンメンに関するグルメ記事

表示順:
正直言って、かなり地味な存在の「タンメン」は、町中華好きのなかでも“実は隠れファンの多い”メニュー。その魅力を、最高の仲・餃子とともにご紹介します。
更新: 2018-04-24 12:10:31
 タンメンにどっさり盛られた野菜はニラ、ニンジン、白菜、タケノコ、きぬさや、キクラゲなどバラエティ豊か。創業61年、大きな五右衛門鍋で仕込むスープの淡い味わいは健在。
更新: 2018-04-11 12:00:00
[餃子の店 おけ以]は神保町で創業、今の地へ移り、延べ63年。「毎日食べられる味を」と生み出されたタンメンはニンニクを使わないスッキリした味わいながら、スープの旨みや野菜の美味しさが生きている。[交通アクセス]はJR中央・総武線飯田橋駅西口から徒歩3分
更新: 2018-09-11 17:21:58
「福福を知らないんじゃ、モグリだね」。小岩で飲み始めた約20年前、飲み仲間に言われた、このひと言。
更新: 2018-02-13 13:01:23
甲州地どりなど3種の鶏や鴨・豚の背ガラ、たっぷりの野菜からとったスープに5種の塩からなる塩ダレをプラス。ひと口目はパワフルで後からじわじわ優しい旨みがこみ上げる。
更新: 2018-06-10 09:09:04
『やっぱラーメンは“家系”だよね』とか『動物系と魚介系のWスープがいいよ』とか話している人たちがいるが、ラーメンの話が苦手だ。どうしてラーメンの話をするときの男子は、青年からおっさんまであんなに饒舌なんだろうか……?
更新: 2018-08-30 17:39:10
新宿思い出横丁。言わずと知れた、戦後闇市の面影を今に残す名物横丁だが、大ガード側から入ってすぐ、『岐阜屋』は昭和22年からここにある。年中無休、朝9時から深夜までの通し営業。岐阜屋 (ギフヤ)[交]JR・私鉄・地下鉄新宿駅西口から徒歩3分 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:15
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt