MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

吉祥寺に関するグルメ記事

表示順:
白飯史上主義のおっさん女子ですが、どん屋ではとり天ぶっかけがデフォルトで、蕎麦屋では、夏以外のスリーシーズンは天ぷらそばを食すことにしています。 そして、ランチの天ぷらそばに関しては1500円オーバーも辞さないという姿勢を貫いています。 理由は、天ぷらそばのクオリティは値段に比例すると思っているから……。
恥ずかしいことを告白するが、私はごはんを食べるときに頭を使うのが苦手なおっさん女子である。 そんな私なのだが、吉祥寺にこれは私に対する挑戦だろうか? という店が10月にできてしまった。北海道で人気のスープカレーの店『S』である……。
以前、「もー、やってらんない」という自分を徹底的に甘やかす飯(魚編)をこの連載で紹介しましたが、今回は肉編です。 吉祥寺の肉ランチですが、高級系はいくつかあります。でも今回は、今回は2000円以内のやってらんない時の肉ランチをご紹介ね!
白飯至上主義のおっさん女子ですが、実はチーズ教にも入っていた……。 そんな私なので、密かに吉祥寺のチーズケーキは食べ散らかしております。そこで今回は、おっさん女子的にココにしかないだろ! 的なチーズケーキを独断でおすすめしたいと思います……。
世の中的な流行なのか、吉祥寺だけの現象なのか不明ですが、ここ1~2年、マニアックなジャンルの食べ物を扱う専門店が増えている傾向にあります。 好きな人にはたまらんなぁ、という感じの店が増えているのですが、今回、私が推すのは「ごはんもの」。いや、今回に限らず、ごはんものは一生推していこうと思ってますけどね……。
私の“ランチで出してもいい金額の設定”が、最初から1800円オーバーのジャンルがあります。それはズバリ、天ぷら定食だ!  安い天ぷら定食を食して、過去何度もやりきれない思いになったため、天ぷら定食の場合は、1500円オーバーも厭わないことに……。
吉祥寺をフラフラしていると、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまうおっさん女子である。 都内に好きな店が何軒かあるんだけど、銀座の場合は『K珈琲店』。 ここのカップ&ソーサーは、ウエッジウッドやジノリ、マイセンなどの高級系なのである。さらにお客さんの雰囲気に合わせてカップの柄を選んでくれて、出されるといった具合……。
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
ほかの街では見られないが、吉祥寺特有の現象がたまにあります。おっさん女子的には、そのひとつが“トマト麺”ではないか? と思っております。 なぜ吉祥寺でトマト麺がアツいのか?というと、ほぼ同じコンセプトの店が2軒あるからなのでした……。
吉祥寺にはデパートやファッションビルがいくつかあるワケなんですが、実は、着実に「ごはんビル化」しているんです。 そんななか、現在もっとも「ごはんビル化」が進んでいるのは、吉祥寺パルコです。そして2018年11月末には1FにN.Y.テイストのパン屋&カフェがオープン……。
1 2 3 4 最後
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt