MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

カキに関するグルメ記事

表示順:
石巻線は東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。 東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。 あの日から約8年の歳月が過ぎました。 女川駅と駅前は、新たな街として復興。名産のカキもたっぷりと味わうことができました。
築74年の古民家は、1階から3階までゴキゲンな活気であふれている。代表の古川さんをはじめ、スタッフは東北出身者が中心。三陸の漁師から直送されるカキと、宮城県産のブランド牛「漢方和牛」の二枚看板で勝負する。
恵比寿に本店をもつ海鮮居酒屋の2号店。「痛風鍋」は店で丁寧に仕込んだあん肝、看板メニューでイチオシのカキ、クリーミーでプリプリの白子、大きな赤エビやイカなどがたっぷりと入ったインパクト十分な鍋。海鮮の旨みが溶け込んだ超ボリューム鍋!
白金高輪エリアのそば屋「案山子(かかし)」のグルメ記事と写真のページ。「蕎麦屋で飲むのは粋な日本文化。だからこそ大人が愉しめるとっておきの空間でありたい」。そう語る店主の山田さんが8年続けた自店を辞めて妻の美求さんと挑んだのが「酒とアテを味わい、〆の蕎麦に至るまでの時をゆったり過ごせる隠れ家」=新生「案山子」だ。
11月中旬、晩秋の長崎本線を訪ねました。今回の撮影目的はふたつ。  ひとつは、有明海沿岸の丘陵に広がるミカン畑と列車の撮影です。 もうひとつは、青い有明海と列車の撮影。長崎本線を走る特急列車は「かもめ」、やはり海をイメージした愛称です……。
[中目黒 牡蠣入レ時]のおすすめ牡蠣メニューのグルメ記事と写真。カキの魅力を改めて再認識させてくれる店だ。特に「焼き牡蠣」はシンプルだが実に旨い。今にもはち切れんばかりにぷっくりとした見た目もさることながら、噛めば口の中にほとばしるエキスは感涙もの。[交]東急東横線ほか中目黒駅 正面口から徒歩1分
 “テンプラ”はあらかじめオススメの味付けがされているのが特徴。「茄子と生ふ」に田楽みそ。
恵比寿横丁などを手掛けた「浜倉的商店製作所」がプロデュース。メニューの守備範囲が驚くほど広く、産地直送の鮮魚、カニ、牡蠣、とらふぐといった魚介から、北海道産大沼牛や霧島鶏などの肉系までずらり。
シュリンプバンクのカウンターには水槽が設置されており、中には生きたオマールエビやカキ、ハマグリがひしめく。これらの食材を、それぞれの持ち味を活かして和洋中こだわらず調理するのがこの店の特徴だ。こちらで必ず注文したいのが「丸ごと活オマール海老のお刺身」 [アクセス]JRほか池袋駅20a出口徒歩9分
2016年3月にオープンした実力派の新店。メニューの中でも特に力を入れるのがマグロ料理だ。使用するのは築地でも指折りの仲卸『吉富』が競り落としたシビマグロ。寿司居酒屋 番屋[交]JR山手線ほか新橋駅銀座口から徒歩5分
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt