MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

立ち飲みに関するグルメ記事

表示順:
 店内はカウンター、座敷合わせて約40席あるが、晴れた日であれば立ち飲みがおすすめだ。立ち飲みメニューは、牛、豚、鶏、羊と揃う肉類と魚介類の焼き物、飲み物ともに一部を除きすべて300円とリーズナブル。
更新: 2019-03-15 18:00:00
休業していた名店が2018年3月に再オープン。串焼き、もつ類のうまさはもちろん、サワー類やホッピーの焼酎の濃さが選べるなど、呑兵衛にとってたまらない店だ。
更新: 2019-03-11 18:00:00
「ホンマ旨い店やから!」 ウソ偽りなく、西成通の友人が言う通りだった。素材に合わせて、包丁もまな板も交換。キッチンを見る限り、その手際よさはただ者ではない。 まさかこんな旨い魚料理に出会えるとは……。それも西成で!
更新: 2018-05-13 10:04:26
「日本酒専門店 采」に置いてある日本酒は約60種類と多岐にわたるが、純米から大吟醸までどれを選んでもコップ1杯(約半合)500円。量販店ではなかなか手に入りにくい酒が全国各地から集まっている。
更新: 2018-04-13 10:07:54
大井町の横丁を代表する立ち飲み屋。元肉屋だけあり、ショーケースには和牛ランプのタタキ650円、チャーシュー300円などが並び、すこぶる旨い。
更新: 2018-03-30 20:00:00
落ち着ける空間でじっくりと呑む酒もいいが、今晩は気軽さと安さが魅力の立ち呑みなんてどうですか?最近の立ち呑みは味もよければ空間へのこだわりもスゴいんです。
更新: 2019-03-02 14:05:12
人形町の下町うまいもんグルメ散歩特集店舗!名店『富士屋本店』系列の人気ビストロが浜町にやってきた! 地元をざわつかせた出店は町興しの一環で、さらに活気を呼び込んでいる。
更新: 2018-02-25 12:00:00
 立ち飲み店なんで、なんの気なしに入店した刹那、店員さんの丁寧かつ情熱的な、まるで棟方志功が版画を彫ってるかのような渾身の焼き姿を見て「ウマイに決まってる」と確信。 だが!
更新: 2018-01-25 08:00:00
 蒲田屈指の人気酒場、通称“レバラン”。気軽な立ち飲みカウンターがあるので私みたいな呑んべえもひとりでふらっと入れるまさにパラダイス!
更新: 2018-01-24 08:00:00
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt