MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

からあげに関するグルメ記事

表示順:
 創業明治5年で現代表のお母さんが五代目。使い込まれた調理場から供されるうなぎは野趣あふれる佇まい。
更新: 2018-04-20 18:00:00
昭和36年創業。ビールと相性最高の「特製メンチカツ」は、溢れる肉汁と開店以来継ぎ足すデミグラスソースが絶品だ。
更新: 2018-04-15 07:00:00
挽き肉に魅せられた店主の夢が詰まった唯一無二の味、これぞ一品入魂!料理名からしてどんな味?と思うかもしれないが、これまたスパイスの風味がキーマ風でもアジア系でもあり。[ひき肉少年 住所]東京都港区白金1-11-15
更新: 2018-10-12 15:35:24
愛知県岡崎市の八丁味噌や碧南市の白醤油、みりん、半田市の酢など愛知県は古くから醸造業が盛ん。江戸時代、それらは知多半島から船で江戸に運ばれて、寿司の酢や蕎麦つゆのみりんに用いられたのである。つまり、愛知県産の調味料がなければ、江戸前の食文化は成立しなかったのだ……。
更新: 2017-12-20 15:47:51
高円寺エリアにある、とんかつ屋「あげもんや」のグルメ記事と写真のページ。あらゆる揚げ物を取り揃える、揚げ物好きにとってパラダイスな店。店主の寺田さんは築地『豊ちゃん』で約20年経験を積んで独立した、いわば揚げ物道を突き詰めた逸材。あげもんや[交]JR高円寺駅より徒歩1分 ※ランチタイム有
更新: 2018-09-22 19:39:23
[陶玄房]は文化人らに愛される新宿の名店『池林房』の系列店。新鮮な刺身など魚介料理のほか、手作り生地のピザまで和洋に揃うメニューが魅力的だ。
更新: 2018-09-14 09:31:42
名古屋コーチンをはじめ鶏肉を使用した和総菜店。唐揚げは塩麹で漬けたムネ肉と醤油風味のモモ肉の2種、どちらもジューシーで柔らかい。※ランチタイム有
更新: 2017-07-24 00:00:36
熱々を頬張れば肉汁がジュワ〜。ニッポン人のソウルフード、鶏の唐揚が食べ放題というロマンあふれる定食がコチラ。3時間のランチタイムで、なんと30kgもの鶏肉が客の胃袋におさまるという。[交]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩3分 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:08
国産若鶏をにんにく醤油ダレに漬け込んで揚げた、九州の唐揚げ専門店。骨付きや骨なしの唐揚げ弁当もあるが、甘辛ダレをまとった丼もクセになる味。からあげのジョー [交]都営地下鉄 新宿線 西大島駅 A3出口より、徒歩30秒 ※ランチタイム有
更新: 2017-08-31 15:57:13
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt