MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

昭和の文人たちが愛したバーに関するグルメ記事

表示順:
在りし日の文人たちは何を想い、そして何を語り酒と言う魔法の滴をその喉の奥へと流し込んでいたのだろうか――。そんなドラマチックな気分にいまも浸らせてくれる、彼らがこよなく愛したバーをご案内します。
3247views まとめ記事
「昭和の文人たちが愛したバー」特集掲載店、「琥珀」は作家・三島由紀夫が通ったバーとしても有名だ。東大や芸大も近いという場所柄か、どこか知的な華やぎらしきものも感じられる。[交]湯島駅2番出口から徒歩3分、上野広小路駅A3出口から徒歩3分
「昭和の文人たちが愛したバー」特集掲載店、1977年に始まった「Bar Kokage」は、作家・開高健が愛したバーとして知られている。まず飲みたいのは「開高マティーニ」。L字型カウンター、奥から2番めの開高がいつも座った席には、氏の好きな言葉がプレートに刻みはめこまれ、いまもそっと面影を残す。[交]赤坂見附駅徒歩1分
「昭和の文人たちが愛したバー」特集掲載店、新宿の外れにポツンとあるこの店は、開店して53年目。「一人の店主で50年続いたお店は新宿でも少ないんですって、ほほほ」と87歳になるマダム、林聖子さんは楽しそうに笑った。淡々とした風情の聖子さんは、太宰治の短編小説『メリークリスマス』のヒロイン、シズエ子のモデルだ。
プチ文壇バーが、新宿ゴールデン街にあると聞いてやって来た。 外見はいたって普通。うん、これなら大丈夫。「超敷居の低い文壇バー」って書いてあるし(笑)[アクセス]JR線ほか新宿駅東口から徒歩5分
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt