日本酒に関するグルメ記事


ル・ジャングレ|最高の状態のワインをこだわり抜いた料理と共に(ワインバー/飯田橋)

ル・ジャングレ|最高の状態のワインをこだわり抜いた料理と共に(ワインバー/飯田橋)

自然派ワインが流行りの昨今、代表の有沢さんが最も心掛けていること―それは種類の豊富さでも希少な銘柄の品揃えでもない、徹底した品質管理だ。そのために温度と湿度の細かい調整や、劣化の原因となる紫外線を99.9%カットできるガラスなど特殊な設備の大型ワインセラーを導入。※ランチタイム有


ビストロ割烹 酒場留|和食とワインの新しいペアリングを楽しみたい(ワインバー/江古田)

ビストロ割烹 酒場留|和食とワインの新しいペアリングを楽しみたい(ワインバー/江古田)

20代をソムリエとしてワインに従事し、30代は和の料理人として腕を磨いた店主が、自身の店を開くにあたり選択したのが「ビストロ割烹」という新ジャンル。例えば、ダシで炊いた里芋にフォアグラを乗せて焼き上げたり、牛スネ肉をトマトソースではなく江戸甘味噌で煮込んだりと、素材の美味しさを生かす和食をベースに、ワインとの相性を考えたコクのある料理にして提供する。


のと里山里海号|眺めは最高! 地酒片手にのんびりと(レストラン/和倉温泉・石川)

のと里山里海号|眺めは最高! 地酒片手にのんびりと(レストラン/和倉温泉・石川)

穴水駅から和倉温泉駅を経て七尾駅へ。七尾湾沿いに走る距離はわずか33㎞ほどなのだが、所要時間は1時間。


ベル・モンターニュ・エ・メール|富山湾の新鮮なネタ! 握りたての寿司に舌鼓(レストラン/北陸・富山湾)

ベル・モンターニュ・エ・メール|富山湾の新鮮なネタ! 握りたての寿司に舌鼓(レストラン/北陸・富山湾)

高岡駅を起点として、合掌造り集落の五箇山の嶺に向かって南へ走る城端線。一方、北の青い海原が広がる富山湾を車窓間近に描くのが氷見線。


特急花嫁のれん|華やかな車内で頂くこだわりのスイーツや軽食(レストラン/金沢・和倉温泉・石川)

特急花嫁のれん|華やかな車内で頂くこだわりのスイーツや軽食(レストラン/金沢・和倉温泉・石川)

幕末に加賀藩領で始まった婚礼の風習で、結婚式は花嫁が実家の紋入り「花嫁のれん」をくぐることから始まる。この列車旅の幸せなひとときも、金沢駅のホームに掛けられた花嫁のれんをくぐるところから。


青の交響曲|まるでホテルのバー 車窓から見える景色と沿線の味覚に感動必至(レストラン/大阪・吉野)

青の交響曲|まるでホテルのバー 車窓から見える景色と沿線の味覚に感動必至(レストラン/大阪・吉野)

濃紺色のボディに黄金のライン。見た目から上質な列車は、近畿日本鉄道が大阪阿部野橋〜吉野間で9月10日より運行を開始した観光特急「青の交響曲」。


MiwaMiya|ビストロ料理をひきたてる日本酒の数々(日本酒ダイニングバー/阿佐ヶ谷)

MiwaMiya|ビストロ料理をひきたてる日本酒の数々(日本酒ダイニングバー/阿佐ヶ谷)

 酒は瓶ビールと日本酒のみ。料理は、定番の塩辛や漬物の他に、鶏レバームースやパテをはじめとした本格的なビストロ料理も数多く揃える。


佐渡の酒と肴 だっちゃ|佐渡の美味をたっぷり揃えています(居酒屋/浅草)

佐渡の酒と肴 だっちゃ|佐渡の美味をたっぷり揃えています(居酒屋/浅草)

 メニューを見渡す限り、佐渡、佐渡、佐渡! 新潟県・佐渡島以上に佐渡の味がとことん楽しめる、稀有な店。佐渡の両津出身で唎酒師でもある店主のきたむらさんは、仕入れが難しい魚や野菜まで島からの産地直送にこだわる。


さかな 幸|無ろ過生原酒にこだわっています(居酒屋/代々木上原)

さかな 幸|無ろ過生原酒にこだわっています(居酒屋/代々木上原)

 様々な味わいの日本酒を数多く揃える店が多いなか、同店は15の蔵に限定し、純米無ろ過のみを揃える。無ろ過の酒は味が濃く、酒感も強く敬遠する人もいるが、大久保さんは「しぼりたての味。出来立ての香り。日本酒の魅力の原点とでもいう美味しさを楽しんでもらいたいんです」。


あめつち|季節の味わいにこだわっています(居酒屋/学芸大学)

あめつち|季節の味わいにこだわっています(居酒屋/学芸大学)

 古い民家風のガラス引き戸を開けると、8席だけの温かい空間が現れる。「帰宅前にほんの少しだけ飲みたい、という気持ちにしっくり来るお店です」と語るのは店主の土井さん。


SAKE BAR オトナリ|神楽坂に誕生した日本酒バーの新鋭(日本酒バー/牛込神楽坂駅)

SAKE BAR オトナリ|神楽坂に誕生した日本酒バーの新鋭(日本酒バー/牛込神楽坂駅)

日本酒バーは数あれど、生ハムとのペアリングを提案する店は稀有な存在。しかも空間がモダンなコの字ときたら注目せずにはいられない。


アカベコ|長屋を改装したモダンなコの字で味わう肉おでん(日本酒バー/中目黒)

アカベコ|長屋を改装したモダンなコの字で味わう肉おでん(日本酒バー/中目黒)

目指すは気軽に入れる「ネオ大衆酒場」。だからこそ店も料理も普通じゃつまらない。


日本酒 はなたれ|贅沢魚介を使った海おでんを熱燗で味わう(居酒屋/恵比寿)

日本酒 はなたれ|贅沢魚介を使った海おでんを熱燗で味わう(居酒屋/恵比寿)

羅臼昆布と漁師が手作りするシラスでダシをとった “海おでん”が料理の主軸。おでんダネには、アナゴやアワビ、カキなどの新鮮な魚介が盛りだくさん。


KOU (コウ)|腕利きの料理人が作るつまみがウマい(居酒屋/池袋)

KOU (コウ)|腕利きの料理人が作るつまみがウマい(居酒屋/池袋)

 駅から離れた住宅街にひっそりと佇むカウンター7席のみの小さな店。アトランタの日本総領事館でも腕をふるった経験を持つ、腕利きの料理人、店主・三村さんが作るのは、見た目も味も洗練された正統派の和食。


SUGAR|熟成酒&ビオワイン&中国酒の3本柱(日本酒バー/阿佐ヶ谷)

SUGAR|熟成酒&ビオワイン&中国酒の3本柱(日本酒バー/阿佐ヶ谷)

2016年5月にオープンし、はやくも注目を集める店だ。日本酒には和食という既存の概念をくつがえし、パンチのある中華や、スパイスをふんだんに使用したエスニックからのアプローチも打ち出している。


万事快調|造り手の想いを伝えるクラフトビール&日本酒(ビアバー/池袋)

万事快調|造り手の想いを伝えるクラフトビール&日本酒(ビアバー/池袋)

 カウンターの奥に並ぶのは10個のタップ。飲み口軽快なものから重厚感あふれるものまで、国内を中心とした醸造所で作られたクラフトビールを楽しめる。 ※ランチタイム有


和醸良酒 ぺし(旧店名:炉端ぺし)|毎週月曜のメンズDAYを狙うべし!(居酒屋/人形町)

和醸良酒 ぺし(旧店名:炉端ぺし)|毎週月曜のメンズDAYを狙うべし!(居酒屋/人形町)

 唎酒師の資格を持つ店長・中村典嗣さんがとりわけ力を入れるのは燗酒だ。それぞれの酒に適した温度で丁寧に燗をつけることで、米の旨みや香りが一段と華開く。


さけとさかな うつらうつら|素材の滋味にあわせた珠玉の1杯(ダイニングバー/神泉)

さけとさかな うつらうつら|素材の滋味にあわせた珠玉の1杯(ダイニングバー/神泉)

 松濤の住宅街の一画に、神泉で人気の和食店『ぽつらぽつら』の2号店として昨年オープンした。新鮮な野菜や、旬の魚介、契約農場から届く肉など、厳選された食材を使用し、シンプルに調理された料理を楽しめる。


ひぐらし|上質な空間でいただく、洗練された料理の数々(和食/中目黒)

ひぐらし|上質な空間でいただく、洗練された料理の数々(和食/中目黒)

 駅前の喧噪から少し離れた静かな路地にひっそりと暖簾を出し、今年で3年目を迎えた。広々としたカウンター席を中心とした店内は、大人がくつろげる上質な空間。


UOK|2号店も池袋にオープン(割烹料理/池袋)

UOK|2号店も池袋にオープン(割烹料理/池袋)

KOUの2号店としてオープンした。こちらもカウンターのみのこぢんまりとした店で、本店に勝るとも劣らない上質なつまみでもてなしてくれる。 ※ランチタイム有


ランキング


>>総合人気ランキング