鍋に関するグルメ記事


浅草の居酒屋に冬季限定の人気メニュー「寒ブリしゃぶ」が今年も登場!

浅草の居酒屋に冬季限定の人気メニュー「寒ブリしゃぶ」が今年も登場!

「佐渡の酒と肴 だっちゃ」は店主の出身地佐渡から独自のルートで食材や地酒を仕入れる、まさしく佐渡産直の店。そして冬場の目玉のひとつがこちら、佐渡寒ブリのしゃぶしゃぶだ。


白梅(新橋/海鮮)-新橋でグツグツ「牡蠣の土手鍋」寒さも吹き飛ぶご馳走!

白梅(新橋/海鮮)-新橋でグツグツ「牡蠣の土手鍋」寒さも吹き飛ぶご馳走!

グルメライターが新橋の海鮮料理店[白梅(しらうめ)]を実食レポート。新橋でおよそ70年、三代続く瀬戸内料理。季節ごとに直送の海の幸を味わえるが、冬の看板メニューはもちろん「かき土手鍋」。[住所]東京都港区新橋3-9-7[TEL]03-3459-8839


ファイヤーホール4000(五反田/火鍋)-五反田で“極上&無敵”の旨辛火鍋!

ファイヤーホール4000(五反田/火鍋)-五反田で“極上&無敵”の旨辛火鍋!

五反田の火鍋専門店[ファイヤーホール4000]のグルメ記事と写真のページ。この迫力あるビジュルですでに説明は不要! すぐにでも食べたい魅惑の火鍋だ。[住所]東京都品川区東五反田1-25-19 [TEL]03-6450-3384


29 Rotie(肉料理/大塚)-食べると感動する!鶏肉のしゃぶしゃぶ

29 Rotie(肉料理/大塚)-食べると感動する!鶏肉のしゃぶしゃぶ

大塚の肉料理「29 ロティ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真ページ。店主の江澤さんは肉のテクニシャン。さまざまな肉を他にない工夫で食べさせる。[住所]東京都豊島区南大塚1-23-8[TEL]03-6902-1294


練馬で贅沢な「あわびのしゃぶしゃぶ」-あわび亭(練馬/小料理店)

練馬で贅沢な「あわびのしゃぶしゃぶ」-あわび亭(練馬/小料理店)

練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369


中目黒の隠れ家レストランの「鴨肉のすき焼き」-ナカモグロ

中目黒の隠れ家レストランの「鴨肉のすき焼き」-ナカモグロ

中目黒のすき焼き店「鴨とワイン Na Camo guro」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。中目黒の駅近ながら、実は隠れ家レストランだ。路地裏にある小さな扉を入ると、お洒落な空間がパッと現れる。[住所]東京都目黒区上目黒1-20-5 [TEL]03-5725-3378


「豚しゃぶ」ならここで決まり!小川町の豚肉料理専門店『T.dining』

「豚しゃぶ」ならここで決まり!小川町の豚肉料理専門店『T.dining』

T.dining(ティーダイニング)|店主中井恵子さんの実家は、三重県亀山の鈴鹿山麓で豚を育てる小林ファーム。そこから直送される豚肉を使ったレストランを営む。[住所]東京都千代田区神田小川町1-6-7 


とみたや(新宿/すき焼き)ー新宿でA5ランクの「すき焼き」を満喫!

とみたや(新宿/すき焼き)ー新宿でA5ランクの「すき焼き」を満喫!

新宿のすき焼き、しゃぶしゃぶ店「とみたや」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。もとは松阪牛の本場、三重県出身の初代が肉の卸業を営み、さらに虎ノ門で店を構えたのが始まり。3代目となる今も、長年の信頼関係と目利きゆえ、いい肉を安く仕入れられるのが自慢だ。[住所]東京都港区新橋4-15-1 岩崎産業ビル2階


[ねぎま]の「ねぎま鍋」のグルメ記事と写真(北池袋)

[ねぎま]の「ねぎま鍋」のグルメ記事と写真(北池袋)

ねぎま鍋で知られた北池袋の『なべ家』は江戸料理の大家・福田浩さんの店、惜しまれつつ閉店したが、そこで仲居をしていたのがこの店の女将。[交通アクセス]東武東上線北池袋駅から2分、JR赤羽線ほか板橋駅西口から徒歩10分


大阪ローカル 穴場メシ情報[13] フォアグラをまさか鍋に……この食感ハンパないって! 創作鶏料理の『地鶏炭火焼 鶏樹』

大阪ローカル 穴場メシ情報[13] フォアグラをまさか鍋に……この食感ハンパないって! 創作鶏料理の『地鶏炭火焼 鶏樹』

日本橋にオープンした創作鶏料理の『地鶏炭火焼 鶏樹』に仰天な鍋が登場した。 鍋の具材に合わせたのは、なんとフォアグラ。 この季節に鍋!?と思うかもしれないが、この旨さといったら半端ないって!


[韓灯(韓国料理/月島)]韓国風モツ鍋のグルメ記事と写真

[韓灯(韓国料理/月島)]韓国風モツ鍋のグルメ記事と写真

月島エリアで韓国風モツ鍋。韓灯(ハンドゥン)のグルメ記事と写真のページ。“コプチャンジョンゴル”は、浅めの鍋で炊いた韓国風モツ鍋。「昔、プサンで食べたものをアレンジしました」と店主の金さん。


[北海道料理 アラキ]冬の北海道の希少な鍋「カジカ鍋」(和食/庚申塚)

[北海道料理 アラキ]冬の北海道の希少な鍋「カジカ鍋」(和食/庚申塚)

庚申塚エリアの「北海道料理 アラキ」で“鍋壊し”と呼ばれるカジカ鍋。あまりの美味しさに、箸をつつきすぎて鍋を壊してしまうという意味だ。[交通アクセス]都電荒川線庚申塚駅から徒歩6分、JR山手線巣鴨駅北口から徒歩10分


[獣肉と酒 ぼんくら]おすすめ鍋のグルメ記事と写真(居酒屋/人形町)

[獣肉と酒 ぼんくら]おすすめ鍋のグルメ記事と写真(居酒屋/人形町)

人形町エリアの「獣肉と酒 ぼんくら」の「島根の猪と秋田のせり鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。日本では古くから獣肉を食べる文化がある。そんな山の幸を「もっと身近に味わって欲しい」と店主は気軽な居酒屋スタイルを貫く。


[亀戸升本 本店]あさりの旨みと大根の食感滋味深い鍋(日本料理/亀戸)

[亀戸升本 本店]あさりの旨みと大根の食感滋味深い鍋(日本料理/亀戸)

亀戸エリアの「亀戸升本 本店」の「亀戸大根あさり鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。くつくつと湯気を立てる石鍋の中には、たっぷりの新鮮な厚岸産あさりと短冊切りの亀戸大根。これが自慢の合わせ味噌ダシで炊かれている。[交通アクセス]JR総武線亀戸駅北口から徒歩7分


シリンゴル(モンゴル料理/巣鴨)|羊の風味をダイナミックに味わえるモンゴル鍋

シリンゴル(モンゴル料理/巣鴨)|羊の風味をダイナミックに味わえるモンゴル鍋

巣鴨エリアの「シリンゴル」の「モンゴル鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。モンゴル語で野菜という意味の“ホイツァイ”。かの地で貴重な食材の野菜を入れるこの鍋は、宮廷料理だったそうだ。


[吉次蟹蔵]毛ガニの旨みと辛さコクが渾然一体の贅沢な旨辛鍋(和食/中目黒)

[吉次蟹蔵]毛ガニの旨みと辛さコクが渾然一体の贅沢な旨辛鍋(和食/中目黒)

中目黒エリア「吉次蟹蔵」の「毛ガニ大根鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。鍋の中には丸ごと一杯の毛ガニが鎮座し、3種の唐辛子で真っ赤に染まっている。圧倒的な見た目だが、それは始まりに過ぎない。


「博多かねふく ふく竹(東京駅)」の「明太もつ鍋」のグルメ記事

「博多かねふく ふく竹(東京駅)」の「明太もつ鍋」のグルメ記事

東京駅「博多かねふく ふく竹」の「明太もつ鍋」はたっぷり盛りつけられた明太子が圧巻のビジュアル!今やメジャーとなった「明太もつ鍋」を考案した、築地『ふく竹』の2号店で、明太子メーカー「かねふく」が直営している。


浅草 魚料理 遠州屋(魚介料理/浅草)-グルメ取材記事と写真

浅草 魚料理 遠州屋(魚介料理/浅草)-グルメ取材記事と写真

「三ツ星エビ料理和食編」特集掲載店、「魚料理 遠州屋 (さかなりょうりえんしゅうや)」は希少な天然のウチワエビをさまざまな調理法で堪能できる店。[住所]東京都台東区寿2-2-7[アクセス]地下鉄銀座線田原町駅2番出口から徒歩1分 ※ランチタイム有


今年も鍋の季節が到来!グルメライターが実食「鍋」大調査(鍋/東京)

今年も鍋の季節が到来!グルメライターが実食「鍋」大調査(鍋/東京)

今年も鍋の季節が到来です!食べたことのないような絶品鍋、気になる鍋を東京都内でたくさん見つけました。さぁ、この冬はどの鍋から食べに行きますか!?


ちゃんこ芝松(鍋/緑が丘)|元力士が作るビックサイズのカニクリームコロッケ

ちゃんこ芝松(鍋/緑が丘)|元力士が作るビックサイズのカニクリームコロッケ

「三ツ星カニ料理 和食編」特集掲載店。元力士・鈴木正治さんが経営するちゃんこ鍋店「ちゃんこ芝松 緑が丘本店」で、鍋と並んで絶大な人気を集めるのがカニクリームコロッケだ。[交]東急大井町線緑が丘駅から徒歩1分


ランキング


>>総合人気ランキング